英会話教室TOP 教室を探す 英会話リンゲージ新宿本校 新宿本校ブログ あの有名人も訪れた?ソルト・スプリング・アイランド!【スタッフゆいのカナダに来てから初の旅行!~Part2~】

あの有名人も訪れた?ソルト・スプリング・アイランド!【スタッフゆいのカナダに来てから初の旅行!~Part2~】

こんにちは!カナダ留学中のゆいです。
今回はカナダ旅行シリーズ第二弾、ソルト・スプリング・アイランド編です!

小さいけど魅力いっぱいな島!あの超有名人も訪れていた?!

Nanaimoから移動して、Croftonという人口3000人ほどの小さな港町に前泊し、翌朝8:50のフェリーに乗ってソルトスプリング島に移動しました!

ソルトスプリング島を簡単に説明します。

場所としては、私が普段いるVancouver(大陸のほう)と、その対岸に位置するVancouver Island(ビクトリアがあるところ)に挟まれたところにあります。

地理的にはVancouver Island寄りです。

人口1万人ほどの小さな島です。
アーティスティックな島としても知られています。

海の幸が豊かで、人々が穏やかな生活をしている印象でした。

ウェブの情報によれば、女優の石原さとみさんも以前訪れたのだとか…?!

自然やアクティビティを好む方には、
カナダに来た際一度は立ち寄る価値のある場所だと思います!

サタデーマーケット!

私たちが到着した日は、偶然にも土曜日でサタデーマーケットの日でした。ラッキ~!

島の中心部Gangesで開催される、ファーマーズマーケットです。
マーケットには、たくさんのハンドメイド品が売られていました。
石鹸やお塩、手染めの洋服やチーズ、アクセサリー、ぬいぐるみ、香辛料などなど…

見て、触って、試して~と回っているだけであっという間に時間が過ぎてしまいました。
お天気も良く、たくさんの人でにぎわっていてとても楽しかったです♪

ところどころで、ストリートミュージシャンが演奏していました。
10代の女の子が、アコースティックギター片手に歌っていたのがとても上手で歌声に感動したので、人生初の投げ銭をしました(笑)

という面白いイベントもやっていて、参加してみました。
DJがいて演奏しているのですが、近づいても音が一切聞こえません。
専用のヘッドフォンを通してしか聞くことができません。貸し出しは無料でした!
つまりヘッドフォンをしている人たちだけで音楽を共有できる、というものです。
周りに迷惑をかけない、静かなディスコです!

サイレントディスコ

広場なので、音楽に合わせて踊ることが可能です。

自分は音楽に合わせてノリノリで踊っているつもりでも、
はたから見ると何もないところでヘッドフォンをした人たちが急に踊りだす、という奇妙な光景になるわけです(笑)

最初は恥ずかしかったですが、なかなか楽しかったです!

マーケットに参加できたおかげで、島のアーティスティックな部分を堪能できた気がします。

ちなみに、お昼はTreeHouse、夕飯はOysterCatcherというお店で食べましたが、
どちらも大当たり!最高でした♪

OysterCatcher

ヒッチハイク必須…?!

なんと、今回島の中での移動はほぼすべてヒッチハイクでした…!!

え?!大丈夫なの?と思いますよね。

大丈夫なんです!!
しかも、この島の人たちにとっては割と普通の移動手段なのです!衝撃ですよね(笑)

まず、なぜヒッチハイクをすることになったのかといいますと、
土曜がイースターホリデーのなか日ということで、バスがほとんど出ていませんでした。
港から中心部までは、3キロ弱。歩くのはちょっとためらわれました。

そんな時、優しいおじさんが声をかけてくれて、”自分は今からフェリーに乗るから無理だけど、ヒッチハイクして乗せてもらうといいよ”、と言ってくれました。

とりあえず、ヒッチハイクを試みて何とか車を捕まえることができ、市街地へ移動できました。
乗せてくれた人曰く、この島はとても安全で人もみんな優しいからヒッチハイクをしても安全だということでした。

実際、バス停で ”バス行っちゃったじゃん…。しゃーない。ヒッチハイクして車捕まえようぜ!” と言っている若者集団を目撃しました(笑)

その後も、近くの山までハイキングに向かう道中ヒッチハイクを利用したので、島にいる間に計3回もヒッチハイクをしましたが、本当にどなたも親切で優しい人たちでした。

極めつけは、乗せてくれたおばあちゃんが自宅の電話番号を教えてくれて、何か困ったら今晩うちに泊まっていってもいいわよ、と言ってくれました。

優しさの度合いが計り知れない…!

さてここで、ヒッチハイクのときに実際に使った表現をちょこっとご紹介します!

・We would like to go ○○.
・We head to ○○.
(○○に行きたいのですが。)

単語としては、
・room(空き)
・mind(~を気にする)
・appreciate(感謝する)
といったところを駆使しました。

あと、車に乗ってからは How’s going? とか、How are you today?といった
お決まりの挨拶から会話を始めて、盛り上げました。
海外でヒッチハイクはなかなかないと思いますが…機会があったら使ってみてください!

イースターホリデーの旅行シリーズ、楽しんでいただけたでしょうか(^^)
それでは今回はこの辺で!

★英会話教室リンゲージ新宿本校TOPに戻る★

この記事を書いた人

Yui

Yui

青山学院大学在学。2019春から1年休学をしてワーホリでカナダのバンクーバーに。
バンクーバーは以前大学のプログラムで2週間滞在し、また絶対行きたい!と思える体験ができたので、今回留学先選びの際に迷わずバンクーバーに決めました。文化や地域創生に興味があるので、カナダの人々の生活・文化の違いに注目して現地での生活を楽しみたいです。
“せっかくやるなら人とちょっと違うことを”をモットーに!

あの有名人も訪れた?ソルト・スプリング・アイランド!【スタッフゆいのカナダに来てから初の旅行!~Part2~】

※ブログの内容は記事公開時のものとなります。最新情報は各教室にお問い合わせください。

PAGE TOP
英会話教室TOP 教室を探す 英会話リンゲージ新宿本校 新宿本校ブログ あの有名人も訪れた?ソルト・スプリング・アイランド!【スタッフゆいのカナダに来てから初の旅行!~Part2~】