世界のメッセンジャーアプリについて

こんにちは!新宿本校のMinamiです♪

私たちが友達や家族たちと連絡をとる際に、多くの方はLINEを使っているのではないかと思います。
しかし、国境を超えると連絡手段が変わってきます。
例えば、韓国だとKakao Talk。中国ですとWechatなど。

そこで今回は世界のメッセンジャーアプリについてご紹介したいと思います!!

WhatsApp

みなさん、WhatsAppはご存知ですか?
2013年時の統計にはなってしまいますが、ラテンアメリカを含めたスペイン語圏ではおよそ90%以上の支持があるようです。
私もカナダに留学をしていた時にホストマザーや他の国から来た留学生と連絡をする時に使っていたのですが、機能的にはLINEとさほど変わりません。

しかし、LINEと比べるととてもシンプルです。
というのは、LINEではスタンプを購入しトークで使ったり、ニュースを見ることが出来たりなど様々な機能が備わっていますが、WhatsAppにはそのような機能はありません。
ただ、WhatsAppには今オンラインしているのか。また、最終接続時刻が表示されているのでその点は便利なのかなと個人的に思いました!

Wechat

先程冒頭でも出てきたWechat。
以前までは”QQ”というメッセンジャーアプリが主流だったようですが、今ほとんどの中国の方たちはWechatを使っているようです。

留学中、中国人の友人がWechatについて説明してくれたのですが、
「このアプリ1つで何から何まで済むんだよ。」と言っていました。
Wechatで買い物が出来るほか、お年玉までもWechatであげることが出来るようです!

凄くないですか!?(笑)

以前テレビでWechatについてとりあげておりそこで初めてこういった機能があることを知りかなり驚きました。(笑)

今回ご紹介出来なかったアプリの他にもまだあります!

今回はWhatsAppとWechatの2つについてご紹介しましたが、国によって使っているアプリは異なります!
ぜひ英会話教室リンゲージのフリートークスペースで講師と普段どんなアプリを使っているのか?もしくは、出身国ではどんなアプリが主流なのか聞いてみてはいかがですか??

★英会話教室リンゲージ新宿本校TOPに戻る★

世界のメッセンジャーアプリについて

※ブログの内容は記事公開時のものとなります。最新情報は各教室にお問い合わせください。

PAGE TOP
英会話教室TOP 教室を探す 英会話リンゲージ新宿本校 新宿本校ブログ 世界のメッセンジャーアプリについて