英会話教室TOP 教室を探す 英会話リンゲージ新宿本校 新宿本校ブログ 初心者にオススメのディズニー映画から学ぶ英語

初心者にオススメのディズニー映画から学ぶ英語

こんにちは!新宿本校のRINNEです。

英語を学ぶ際にまず耳からどんどん慣れていくと聞いたことがありますが、映画やドラマを英語で見るのは難しいと思うそこのアナタに必見です!
確かに映画やドラマを観る際に過ごし難しいストーリーだと、話に集中し過ぎて、英語が入ってこないと思う方も多いと思います。

子供が言葉を学ぶのと同じ♪

英語初心者の方は、自分が子供だと考えて頂いて大丈夫です
子供の頃どのように英語を覚えていきましたか?

お母さんお父さんが話していることを耳で聞き、自然と話せるようになりましたよね。
英語も一緒でベービーステップが大事です。
最初から難しいストーリーを観るのではなく、『ディズニー映画』を見るのを個人的におすすめです(*^^)v

どんなディズニー映画がいいの?

映画は内容が簡単で、話が入ってきやすのであったら、どれでも大丈夫です♪
ちなみに最近の私のオススメは、『ラプンツェル』や『アナと雪の女王』です。
ストーリー性もあり、音楽を楽しみながら英語を学ぶこともできます。

皆さんだいたいストーリーはご存知だと思いますので、
英語字幕にしながらリスニングをするのもお勧めします。

フレーズを同じスピードで話せるようになる為にも、一緒に声にだして音読するのも大事です。

良く使えそうなフレーズ

ここではよく使えそうな、フレーズをご紹介したいと思います。
『ラプンツェル』からは、Mother Gothel: I distinctly remember your birthday was last year.
「はっきり覚えてるの。あなたのお誕生日は去年だった」
“distinctly”は“clearly”と同じ意味です。

Mother Gothel: Rapunzel, Mother’s feeling a little run-down.
「ラプンツェル、お母様はちょっと疲れているのよ。」
“run-down”はtiredと同じ意味で使われます。

Rapunzel: Mother, I’m turning 18,
「お母様、 私、18になるわ。」

ここも「18歳になる」という表現を“turn”を使って表しています。
すごくネイティブらしい表現ですよね♪

Mother Gothel: I’m just teasing. You’re adorable.
「冗談よ。あなたはかわいいわね。」
teatingはKidding と同じ意味で使われ、adorableはcuteと同じ意味になります。

こんな感じでいろんな場面で、よく外国人が使うナチュラルな表現というのをまなぶことができます。

皆様も是非ディズニー映画から使えそうな表現を見つけてみて下さいね♪

★英会話教室リンゲージ新宿本校TOPに戻る★

初心者にオススメのディズニー映画から学ぶ英語

※ブログの内容は記事公開時のものとなります。最新情報は各教室にお問い合わせください。

PAGE TOP
英会話教室TOP 教室を探す 英会話リンゲージ新宿本校 新宿本校ブログ 初心者にオススメのディズニー映画から学ぶ英語