英会話教室TOP 教室を探す 英会話リンゲージ新宿本校 新宿本校ブログ リアクション上手になって英語で会話を弾ませよう!

リアクション上手になって英語で会話を弾ませよう!

こんにちは!新宿本校のYumikoです(^ω^)♪

リアクション上手だと会話が弾むのは日本語でもいえることだと思いますが、いざ英語で反応しようと思っても何て言えばいいのかわからないことってありませんか?

文法や単語の勉強も大事ですが、リアクションを極めることで会話も弾み、より流ちょうになるので実は英語学習で外せないポイントなのです!
今回はそんなリアクションについてお話したいと思います★

一言で表すリアクションフレーズ

では早速、覚えやすい一言フレーズからご紹介させていただきます!

驚いたときに使うフレーズ
Wow! 「わぁ!」
Oh! 「え!」
What? 「えっ?」「何だって!?」

感情を表現するフレーズ
Yuck! 「げーっ」「うわー」(汚い・気持ち悪い)
Eww! 「うえっ」(気持ち悪い)

Phew! 「ふぅ~」(安心)
Yay! 「やった!」「イエイ!」(喜び)
Nah 「いやぁ…」(Noのくだけた言い方)
Hmm 「うーん」(悩む)
Aww 「わぁ!」「きゃー」(可愛いものを見たとき・残念な気持ちのとき)
Duh 「はぁ」(当たり前でしょ、というニュアンス)

その他
Oops 「おっと」
Sorry? 「ん?」(聞き取れなかったとき)

見たこと・聞いたことのあるフレーズもあったのではないでしょうか?
これらは会話ではもちろん、チャットの際などに使えるようになるとより感情が伝わります(`・ω・)
ネイティブもよく使っていますよ!

フレーズ化している頻出表現

次にワンフレーズでリアクションに使える定番の言い回しをご紹介します!

No way!】 「まさか!」「ありえない!」
WayがNoということで、起こり得ない!まさか!有り得ない!というときに使えます(`・ω・)
ショックなときにも使えますし、嬉しすぎて驚いたときにももちろん使えます♪

Are you serious? (joking, kidding)】「ほんとに?」「うそでしょ?」
本気なの?冗談でしょ?というようなニュアンスで、驚きを表現するフレーズです!

What (a)~! ・How~!】「なんて~なの!」
Howは形容詞・副詞、Whatは形容詞・名詞を強調するときに使います。

例えば
What a kind person you are! 「あなたは何て優しい人なの!」
How well she sings! 「彼女はなんて歌が上手なのだろう!」

というように、感動したときに使うことができます(*^ω^*)

【!!!注意!!!Oh my god!
日本人にも馴染みのあるこのフレーズ。とりあえずこれは言える!という方も多いかと思いますが、実は慎重に使うべきフレーズなのです…!

というのもGodはキリスト教の神を表しているため、頻繁に使うことを不快に感じる人もいるのです。
Oh my goodness!もしくはOh my gosh!という言い方もできますので、こちらを使う癖をつけておいたほうが無難かもしれません(・ω・)ノ

テキストでは”OMG”と表現できるので問題ありませんが、発話する時には気をつけましょう!

リアクションはとっても重要!

欧米人はリアクションを大きくとるイメージがあります∑(=゚ω゚=;)
それを真似するのは日本人には少し気恥ずかしく思うかもしれませんが、英語を習得する上で無視できないポイントであることも事実です。

日本人は「うん、うん」「へぇー」「ふーん」と逐一相槌を入れがちですが、実はこれは欧米人には失礼とも取られかねません!
英会話では相手が話している間は頻繁に相槌を打たないようにし、代わりにしっかりと目を見て「あなたの話を聞いているよ」というアピールをしましょう!

相手が話し終わったら、今回ご紹介したリアクションを取れば完璧です(^ω^)♪

いかがでしたか?
次回から英語を話すときには意識してリアクションを取ってみてくださいね!

★英会話教室リンゲージ新宿本校TOPに戻る★

リアクション上手になって英語で会話を弾ませよう!

※ブログの内容は記事公開時のものとなります。最新情報は各教室にお問い合わせください。

PAGE TOP
まずは気軽に無料体験