英会話教室TOP 教室を探す 英会話リンゲージ新宿本校 新宿本校ブログ ディスカッション力を上げてスピーキングを強化しよう!

ディスカッション力を上げてスピーキングを強化しよう!

こんにちは!新宿本校のYumikoです(^ω^)♪

日本人にはなじみのないディスカッション…ですがディスカッションの練習をするとスピーキング力の向上ができたり、外国人との会話で意見を求められたときの対策ができたりとメリットがたくさんあります!
今回はそんなディスカッションについてお話したいと思います!

なぜ日本人は議論が苦手?

日本人はディスカッションが苦手…それは日本人が対立したりせず協調することを重んじる国民性がベースにあるのが大きな理由だと思います。

違う意見を言われたり自分の意見を否定されたりすると「敵…!?」となり、意見のぶつけ合いとなってしまう…。
それでは実のある議論はできないのですが、それでも日本人の性格上『意見』と『人』を切り離して考えられず、否定されたら自分も否定された気持ちになり、違う意見を言うその人を敵とみなし勝つか負けるかと言った本来のディスカッションの主旨とはズレた戦い方をしてしまうのが問題なのだと思います。

もう一つ私が実体験で感じたのが、日本人は空気を読んでしまって発言のタイミングを逃し続けてしまう、もしくはそもそも声を上げるほどの意見を持っていない、ということです(´-ω-`)
私が留学先で受けたグループディスカッションでは、見事に日本人が一言も喋らないままレッスンが終了しました笑
英語を学ぶ上で、そういった自分の意見をちゃんと言えるようになるということも併せて身に付けていけるとより会話で困らなくなると思います

ディスカッションのコツ★

では実際にどのような心構えが必要なのか。
英語では論理的に話すことが必要とされます(`・ω・)
それは文法からも見て取れますね。

「(誰)が(何)をした(いつどこで誰と…etc)」
という風に先に結果を明確にしてから他の部分を説明していく作りですよね!
このように英語を話す人たちは話の全体像を先に知っておきたいのです。
更に日本人が苦手なaやtheなどの冠詞、複数か単数かの違いなどもより正確に理解するためにあるものと言えます。

論理的にというのはつまり簡潔に分かりやすくということ!
日本人は遠回しな表現や曖昧な言い方をしがちですが、英語のときはなるべく簡潔にはっきりと自分の意見を述べることがコツです

そして、正しい英語で伝えないと…という考えは緊張を増幅させたり発言するタイミングを逃したりする要因となります。
正しい英語で伝えることよりも重視すべきは内容をどうわかりやすく伝えるか!
つまりとても簡単な文章であっても簡潔に中身が伝わることがディスカッションでは大事なのです(☆ω☆)

間違いを恐れて発言できないことこそがディスカッションではタブー!
発言しないということはみんなでより良い意見を出そうとしている場に参加する気がないとみなされてしまうのです(;ω;)

ディスカッションができるようになると…

このように、言語を学ぶということはその言語を使う人のマインドになることがとても大事です!
ディスカッションの練習をすると、このような英語を話す人のマインドを同時に鍛えられるのでより英語脳を作るのに効果的です!

そして、自分の意見を言う練習って意外と旅行用英会話や日常英会話の教材などでは鍛えられない部分なので、ディスカッションはスピーキングの練習にとてもいいのです(^ω^)♪

いかがでしたか?
ディスカッションを行なう機会というのはなかなかないかもしれませんが、テーマを決めて一人でやっても効果は十分ありますのでスキマ時間にぜひ取り入れてみてください★

★英会話リンゲージの無料体験レッスンについて詳しくはこちら★

★英会話教室リンゲージ新宿本校TOPに戻る★

ディスカッション力を上げてスピーキングを強化しよう!

※ブログの内容は記事公開時のものとなります。最新情報は各教室にお問い合わせください。

PAGE TOP
英会話教室TOP 教室を探す 英会話リンゲージ新宿本校 新宿本校ブログ ディスカッション力を上げてスピーキングを強化しよう!