英会話教室TOP教室を探す英会話リンゲージ新宿本校新宿本校ブログ新宿西口広場イベントコーナーの駄菓子屋さん!

新宿西口広場イベントコーナーの駄菓子屋さん!

こんにちは、英会話リンゲージ新宿本校スタッフです。
新宿駅の地下ロータリーの近くにある、イベントコーナーはご存知ですか?
絵画展示や物産展だったり、洋服、シューズのセールなど入れ替わりで開催されていて、
ちょっと時間のあるときに立ち寄ると楽しいスペースなのです。
そして、ここに時々駄菓子屋が出店していることがあります。

新宿西口広場イベントコーナーの駄菓子屋

駄菓子といえば川越!

西口イベントコーナーに出店しているのは「江戸屋」というお店。
のぼりに川越の菓子屋横丁の文字。
川越の菓子屋横丁には私も何度か行ったことがあります!
川越に行ったことがある方はわかると思いますが、
歴史を感じる町並みと小洒落たお店のコラボレーションが素敵ですよね。
新宿から川越へは、西武新宿線から本川越駅まで直通で行くことができます。
さて、この新宿西口イベントコーナーは手軽にそんな川越の菓子屋横丁気分が味わえます。
新旧多様な駄菓子があり、在庫も豊富!箱買いも気軽にできます。
お祭りのお面や紙風船なども売っていて
空間として駄菓子屋さんを楽しむことができます!
誰もが知っているフエラムネも、こんなにたくさんの味があるんですね〜!

新宿西口広場イベントコーナーの駄菓子屋フエラムネ

英語に「駄菓子」「お菓子」と同じ意味の名詞は無いんです。

駄菓子を英語で何て言えばいいか調べたところ、
駄菓子は日本のモノでそのまま当てはまる英語での名詞は無いため、
組み合わせていろいろな言い方ができるようです。

駄菓子全体を言うなら”Japanese cheap candies and snacks” と言えばカバーできます。
なお日本語の「キャンディ」はイコール飴ですが、
英語だと飴だけでなく、チョコやガムなど甘いお菓子のことも指します。
甘いものなら”candies”のほか”sweets”もあてはまりますが、北米では使わず、
イギリス独特の表現になるようです。

すでに日本語として定着した「スィーツ」は、もちろん甘いモノを指しますが、
個人的に日本語のスィーツと言ったら駄菓子ではなくプリン、ケーキなど
「駄」ではないお菓子のイメージを持ちます。
駄菓子の定番「うまい棒」は甘くないので“snacks”ですね。
日本語だと甘い・しょっぱい関係なく「お菓子」というくくりで表現され、
それ以下は飴、せんべい…となりますが、
英語では甘いものとしょっぱいものは別の呼び方になるので、
甘いおせんべいは“snacks”ではなく“candies”かも!?

なお、ハロウィーンの掛け声でおなじみの
“TRICK OR TREAT”"treats"も、
文脈によっては駄菓子のイメージを持っています。

新宿西口広場イベントコーナーの駄菓子屋キャンディ量り売り

外国人にも人気の駄菓子

こどもから大人まで、日本人ならみんなが親しみを感じている駄菓子。
もちろん海外の方々にも人気のようで、
手軽に日本の庶民的な文化を感じてもらえることができそうですね。
そして西口広場という、日本でもかなり外国人の多い場所に駄菓子屋があれば
新宿を訪れた多くの方はとても喜びそうです。
ちなみにリンゲージ新宿本校の外国人講師も、駄菓子のファンは多いです!
いろんな駄菓子が並んでいると本当にワクワクしますよね〜。
不定期開催なのがまたいいのかもしれません。
たまに通るとやっているので、見かけたらぜひ立ち寄ってみてください。
新宿西口広場の情報をチェックしてもいいと思います!

★英会話教室リンゲージ新宿本校TOPに戻る★

新宿西口広場イベントコーナーの駄菓子屋さん!

※ブログの内容は記事公開時のものとなります。最新情報は各教室にお問い合わせください。

PAGE TOP
英会話教室TOP教室を探す英会話リンゲージ新宿本校新宿本校ブログ新宿西口広場イベントコーナーの駄菓子屋さん!