英会話教室TOP 教室を探す 英会話リンゲージ新宿本校 新宿本校ブログ リンゲージ新宿本校から近いパブリック・アートへ急げ!

リンゲージ新宿本校から近いパブリック・アートへ急げ!

こんにちは。
WEB担当、くせ毛のカピバラです。
撤去を免れた!らしい?「新宿の目」をご存知ですか。
1969年から新宿を見つめ続ける「新宿の目」はリンゲージ本校から徒歩3分ほど。
老朽化で地上部分が解体されたスバルビルの地下にあります。みなさんは知っていましたか?

瞳の部分が回転する迫力があるパブリック・アートが「新宿の目」です。

新宿駅の西口地下は一日中人通りが多い場所。
高層ビル街に向かう地下歩道で強い存在感を放ってきたこの作品は、1969年に彫刻家・宮下芳子氏が制作したパブリック・アートです。
作品の内部には照明が埋め込まれて光り、瞳の部分が回転します。
これだけ迫力があるのに、行きかう人々はほとんど気にしていない様子。それだけ長年このスポットになじんでいるということなのでしょう。

「新宿の目」作者の宮下芳子さんのサイン

スバルビル解体で撤去?早めに見に行くのがおすすめです。

2018年に老朽化などの理由で解体が決定したスバルビル。ということは「新宿の目」も撤去されてしまうの?
と話題になりましたが、ビルのオーナーである小田急電鉄は「当面は撤去する予定はない」と言っているそうです。
ただ、いつまでを「当面」というのかわからないので、まだ「新宿の目」を見たことがない人は、早めに見に行った方がいいと思います。

スバルビルの地下にある「新宿の目」

“It is called ‘Eye of Shinjuku’ in English”

ちょっと調べてみたら、「新宿の目」は英語では‘Eye of Shinjuku’と呼ばれているようです。
そのまんまですね。
アートに興味がある外国人の知り合いがいたら、ぜひ教えてあげてください!

リンゲージの無料体験レッスンの前後に立ち寄ってみるのもおすすめです!
★英会話リンゲージの無料体験レッスンについて詳しくはこちら★

リンゲージ新宿本校から近いパブリック・アートへ急げ!

※ブログの内容は記事公開時のものとなります。最新情報は各教室にお問い合わせください。

PAGE TOP
英会話教室TOP 教室を探す 英会話リンゲージ新宿本校 新宿本校ブログ リンゲージ新宿本校から近いパブリック・アートへ急げ!