ネイティブみたいな発音になるためには?

こんにちは!新宿本校のYUIです。
今回は、どのように勉強したら、ネイティブみたいな発音で話せるようになるのか?
についてご紹介についていきます。

カタカナ英語にならないためには、まずは文字を見ない!

まず発音をカタカナ英語にしないために大事なことは、
まずは『教科書を見ない』・『文字を読まない』ことが大事です。
まずはしっかりとリスニングをして、耳で聞くということをすることが大事なようです。
やはり最初から文字を見てしまっては、読もうとしてしまうので、
しっかりまずは文字を見ずに、リスニングをすることが大事になります。

赤ちゃんと一緒♪

赤ちゃんの時皆さんは日本語を学ぶのに、特に勉強などもせずに、
自然に日本語を話せるようになったと思います。

それと一緒で、発音もしっかり耳で聞き、次に『話す』・『アウトプット』することが大事になってきます。
聴いたワードをそのまま言葉にして話すということが大事です♪

どうしてもインプットだけでは上達しません。インプット学習とアウトプット学習のバランスが大切です!
吸収したものをすぐに使ってみる、というサイクルを心がけてみてください^^

あなたはハリウッドスター☆

アウトプットのコツとしてはとにかく『ものまね』です!

自分が耳にした音源の話者に、身も心もなりきってみましょう。

最初は少し恥ずかしいかもしれませんが、慣れてくると楽しいものですよ♪

なりきることで、そのフレーズを使うときの状況や心情が理解できます。理解できると実際の状況でも使えるようになります。なりきって何度も真似していると自然と口から出てくるようになります。そういうフレーズが自分の中で蓄積されていくとどんどん会話が広がります!

ぜひ自分が好きなハリウッド映画や最近の話題作などでトライしてみてはいかがですか?!
映画やドラマに限らず、いまは社説や有名なスピーチを英語でまとめた本も書店で手に入ります。いろんなジャンルの言葉に触れると、英語力だけでなく教養にもなりますね~!

Let’s try it. You can do it!

ネイティブみたいな発音になるためには?

※ブログの内容は記事公開時のものとなります。最新情報は各教室にお問い合わせください。

PAGE TOP