英語スピーキングのコツをご紹介!

こんにちは!新宿本校のHarunaです。
本日は英語スピーキングのコツをご紹介したいと思います!(^^)/

ついつい口から出てしまう…○○を意識して!

皆さんは日本語で話をする時、「うーん」や「えーっと」等の繋ぎ言葉をどこかで必ず使いますよね。
もちろんこれは英語にもあります!
ちなみに英語では繋ぎ言葉のことをfillerと言いますが、このfillerを英語で言うことを意識するだけで英語っぽさがUPします!

せっかく英語を話していても、所々日本語の繋ぎ言葉が入ってしまっている方をお見かけすることがありますが、とてももったいないなぁ!と個人的には思います。
英語のスピーキング練習をするときには、ぜひ日本語を完全封印するところから始めてみてください!

英語のfillerにはどんなものがあるの?

英語のfillerと言えばどのようなものが思い浮かびますか?
”uh…” ”well…” ”so…”などはとても良く使われるので、皆さんも聞いたことがあるのではないでしょうか。
その他にも、”I mean…” ”you know…” ”like…”などなど、英語にはたくさんの繋ぎ言葉があります。
リンゲージの講師はもちろん、英語圏出身の方と話す機会があったら、ぜひどんなfillerを使っているかにも注目しながら会話を楽しんでみるといいかもしれません!
そして、言葉に詰まってしまった時、考えながら話したい時などは日本語の繋ぎ言葉の代わりに英語のfillerを使ってみてください!

便利なfiller。でも使い過ぎには注意!

fillerはとても便利で、使いこなすことが出来れば英語がとっても自然に聞こえる要素ではあるのですが、使い過ぎには注意してください…!
日本語でも「えー」を多用している方のお話しは少し聞きづらく思ってしまうことがあるように、英語でも使い過ぎると少しうっとおしく思われてしまう可能性があります(>_<)
ただ、英会話の中に日本語が混ざってしまうよりは良いと思いますので、英語が流暢に話せるようになって来たら徐々に減らしていく、というくらいの意識を持つといいかもしれませんね!

英語スピーキングのコツをご紹介!

※ブログの内容は記事公開時のものとなります。最新情報は各教室にお問い合わせください。

PAGE TOP
まずは気軽に無料体験