日本と海外の敬老の日

こんにちは。新宿本校の青木です。
今日は日本と海外の敬老の日について紹介します。
この敬老の日は日本国民の祝日ですが、海外にも「お年寄りを大切にする日」が数多く存在するんですよ!

敬老の日が祝日なのは日本だけ!?

日本の敬老の日は、9月の第3月曜日に指定された国民の祝日です。
海外にも同じような慣習があります。
ですが!!祝日に指定されている国は他にありません!

海外で敬老の日は何と呼ぶ?

海外では“Respect for the Aged Day”が日本の敬老の日にあたります。
直訳だと「お年寄りに敬意を示す日」ですね。
なるほど、固有名詞で説明するわけではなく、言葉の意味として説明するわけですね!
他に主にアメリカ、イギリス、フランス、イタリアでは “Grandparent’s Day” という、いわゆる「祖父母の日」もあり、こちらは年齢に関係なく、孫がいるかいないかがポイントのようです。
“International Day Older Persons“ は、「国際高齢者デー」として国連で制定され、世界共通で高齢者への理解を深める日とされています!

お国柄で変わる祝日

ポーランドには、祖母の日、祖父の日とそれぞれあり、共に敬老の日に当たるイベントです。
おじいちゃんかおばあちゃんかで分かれているなんて、おもしろいですね!
それだけお年寄りが大切にされているということでしょうか。

日本にもたくさんの祝日がありますが、外国にもそれぞれの国の歴史や風習によって、さまざまな祝日や記念日があります。
ぜひ調べてみてくださいね!

日本と海外の敬老の日