海外の有名な大学1

こんにちは(´▽`*)新宿本校の糸山です。 
9月に入ってから急に秋を感じますね。お天気が優れないですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?
今日は海外の有名な大学をいくつか皆さんにご紹介していこうと思います。

アメリカの超有名大学群

アメリカの超有名な大学と言えば、誰もが「ハーバード大学!」と思い浮かべるでしょう。
ハーバード大学は世界ランキング1位の常連ですが、同じように世界ランクでも上位のイェール大学、プリンストン大学、ブラウン大学などはハーバード大学を含めた“アイビーリーグ”と呼ばれる協定大学群なんです(`・ω・´)
このアイビーリーグは世界屈指の研究施設を誇っていて、世界的にも目指す人の多い大学ですね。

大学の中は必ずどの人種も同じだけいるように図られていて、多種多様な国から平等に入学しているので、文化の交流もすごく盛ん!!
この大学群は基本的には大西洋側の大学群で構成されているので、そちら側に旅行に行く予定があれば、ぜひ記念に写真を撮ると良いと思いますよ(^_^)v

イギリスと言えば…

イギリスは大学がアメリカのような私立校と異なり、すべて国立です。
ケンブリッジ大学やオックスフォード大学などは、かなり歴史もあり有名ですよね。
諸説ありますが、個人的には社会学、法学などの学問は、英国学派が相当強いという印象を受けます。

もちろん他にもたくさんの有名大学があり、国立という事もあって全ての大学で高い基準の教育を受けられるという、アメリカとはまた違った教育課程を持っています。

カナダの大学ってどんな雰囲気なの??

カナダの大学ってアメリカと違って有名な学校を知らないし、イギリスと違って歴史も感じないしどうなの?って思っている人はいませんか!?
全然違いますよ!!!

カナダの大学はイギリスの教育課程を取っていますから、全ての大学が基本国立です。すべての大学は高い水準の教育を施しています。
しかもカナダはその建国の歴史でフランスの統治受けていただけあって、大西洋側ではフランス語を使っている場所も多々見受けられます。
フランス語が英語と同様公用語として認められていますからね(^_^)v

カナダのロースクールではフランス語は必須科目らしく、大学や大学院でもバイリンガル教育が見られるそう。

海外の大学は日本と異なり年齢や性別、国籍、人種が混ぜ合わさってすごく活気にあふれています(●^o^●)
基本的には学生でなくとも気軽に入れますので、皆さんもぜひ一度訪れてみて下さいね!

海外の有名な大学1