海外の雨事情は?

こんにちは!新宿本校の酒井です(^_^)
雨が続くとジメジメ、ベタベタ…
傘も持たないといけないので荷物が増えますよね(*_*)
今回は日本と海外の雨の日の違いについてご紹介したいと思います!!

海外では傘を持たない!?

日本では雨が降ると傘をさす人がほとんどですが、外国では傘をささない人も、かなりいるそうです。
私自身は、洋服や髪の毛、荷物が濡れてしまうのが嫌で、いつも折りたたみ傘を持ち歩いているので驚きました!!

理由は気候の違い!

実は!日本は雨が降る日が世界的にみても多く、アジアではなんと1位と言われています。
亜熱帯のグアムなどの一気に降ってすぐに止むスコールや、湿度の低いシド二―などとは違い、日本は雨が降ると湿度が上がり、更に長い時間降り続きます(*_*)

また、海外は雨に濡れることに対してあまりネガティブな考えはないそうです(*’▽’ *)
更に、天気予報をみて傘をあらかじめもって出かけたり、折りたたみ傘を持ったりといった日本人の行動は、外国の方から見ると驚きだそうです…!

気候や土地柄でも文化の違いや国民性を知ることが出来てとても面白いですね(*^_^*)♪

雨が降らない国もある?

世界で一番晴れが多い都市はスーダンのワイディハルファで、1年の降水率が0%の年もあるとか!!
また、アメリカのロサンゼルスも降水率が少ないと有名です!
ここで雨が降ったら逆にラッキーかも?(笑)

海外の雨事情は?