現在休校中です。

感染予防対策について

安心してレッスンを
受けていただくための取り組み

英会話リンゲージでは、今後もお客様に安心してレッスンを受けて頂くため、以下の対応を強化して参ります。

マスクの着用

マスクの着用

室内換気の徹底

室内換気の徹底

飛沫防止アクリル板

飛沫防止アクリル板

体調確認のご協力

体調確認のご協力

手洗い・消毒の徹底

手洗い・消毒の徹底

教室内の消毒清掃

教室内の消毒清掃

お手持ちのスマートフォンやタブレット、PCから受講いただけるオンライン英会話レッスンもございます。

オンライン英会話も選べる!

hearとlistenの違い

Hi guys!!
How are you doing?
こんにちは!新宿本校のARISAです(*^▽^*)

今日は普段よく使う "hear" と "listen" の違いをシェアしていきたいと思います♪

hear

どちらも「聞く」という意味ですが、
"hear"は、自然に聞こえてくる時に使います。

お電話をしている時に、「聞こえる?」という時は、
"Can you hear me?"
(聞こえる?)
になります。

「聞いたよ」という時も
"I heard that he will come."
(彼が来るって聞いたよ)
というように、hearを使います。

Listen

listenは、自分から聞こうとする時に使います。

音楽などを聴く時は、聞こえてくるというよりは
自分で聴こうとしているので

"I’m listening to the music."
(私は音楽を聴いています)
となります。

「話を聞いて!」という時も、耳を傾けてもらうので
"Listen to me!!"
(聞いて!)
というように、"listen"を使います。

いかがでしたか?しっかり違いが分かりましたか?(^O^)
同じ「聞く」でも使う場面が違いますので、上手に使い分けましょう♪

hearとlistenの違い

※ブログの内容は記事公開時のものとなります。最新情報は各教室にお問い合わせください。

PAGE TOP

オンラインでもOK!

まずは気軽に無料体験