Sorry 以外のごめんなさい

Hello! 新宿本校のRisakoです!

突然ですが、
皆さん今日は朝起きてから何回、「すみません」あるいは「ごめんなさい」という言葉を口にしましたか?

今回は”I’m sorry.”以外の許しを請う英語の表現について
書きたいと思います!

Excuse me.

I’m sorry. と同じくらい耳にしたところがあると思いますが、こちらも軽い謝罪を求めるときに使います。

例えば、人にぶつかってしまった時やくしゃみ等をしてしまった時、人を呼び止めるときによく用いられる表現です!
I’m sorryよりも少し軽いニュアンスになります。

My apology for ~.

apologyは日本語で「謝罪」という意味で相手に謝りたい事項がひとつ以上の場合は、
apologyを複数形にし、apologiesとして使うことも多くあります。

とても改まった言い方なので、ビジネス関連や丁寧に対応をしたいときにも有効です!

My bad.

こちらはとてもフランクな言い方で、親しい間柄で用いられることが多いです。

自分の誤りや間違いを認めて、「自分が悪かった、申し訳ない。」といったニュアンスを伝えたいときにぜひ使ってみて下さい!

日本語でも「悪かった」「すまない」「後悔している」など謝罪をするだけでも様々な表現を用いているのと同じように英語にも数多くのバリエーションがありますね♪

Sorry 以外のごめんなさい