コカ・コーラとペプシ・コーラの違いは?

Hello! 新宿本校のRisakoです :)
皆さんは、世界的に大人気なコカ・コーラとペプシ・コーラの違いをご存知でしょうか?
今回は似ているようで違うこの2つの飲料についてご紹介したいと思います!

コカ・コーラもペプシ・コーラも薬剤だった?

コカ・コーラはアメリカで1886年に薬剤師のジョン・ペンバートン、
ペプシ・コーラも同じくアメリカで1894年に薬剤師のケイレブ・ブラッドハムによって生み出されました。
コカ・コーラの原料はもともと興奮剤で、ペプシ・コーラも元々は消化不良の治療薬として作られたそうです!
あの独特な味は薬として作られたためだったのですね!

同じ「コーラ」がついていても販売会社は異なる!

コカ・コーラとペプシ・コーラ、どちらも商品名に「コーラ」という名前が付きますが販売会社はそれぞれ異なります!
コカ・コーラはThe Coca-Cola Company、ペプシ・コーラはPepsiCo, Inc.によって販売されています。
両方ともコーラの実を原料として使用しているため、「コーラ」という名前がつくそうです!

味はどう違う?

一見どちらも黒に近い色をしていますが、その味は微妙に違いますよね!
ペプシ・コーラの方が甘くて、コカ・コーラの方が刺激が強いかと思います。
どうやらペプシ・コーラには、コカ・コーラより多くの砂糖とカフェインが含まれているそうです。
カロリーも計算すると100mlあたり3カロリーほど高いそうです!(笑)
また、コカ・コーラは当時禁止されていなかったコカインの葉、そしてコーラの実を原料として作られていたことに由来しています。
ただ、今現在使用しているレシピは公開されておらず、企業秘密となっています。
秘密の工程、ぜひ知りたいですね~!

いかがでしたか?どちらも暑い夏には欠かせないドリンクですね!
私は冷たいコカ・コーラに、レモンをいれて飲むのが一番すきです!
みなさんは、どちらの方がお好きですか?(^^)

コカ・コーラとペプシ・コーラの違いは?