should/shouldn’tの使い方

Hello! How are you doing?
こんにちは☆新宿本校のARISAです(*‘∀‘)

今日は中学校で習ったshould/shouldn’tの使い方をご紹介します♪

Shouldの意味

中学校ではshouldは「~するべき」と習ったと思いますが、日本語でもあまり「~するべきだよ」とは言わないので、「~した方が良いよ」と覚えましょう(^-^)
その方が使いやすく感じると思います♪

Shouldn’tは「~しないほうが良い」になります(´▽`)

Shouldの使い方

You should go!
(行った方がいいよ!)

He should take English lessons too.
(彼も英語のレッスンを受けた方が良いよ)

Should I talk to her?
(彼女と話した方がいい?)

疑問文はshouldを最初にもってくるだけです(*^^)v

Shouldn’tの使い方

I shouldn’t come here.
(ここには来ない方がいいね)

You shouldn’t buy it.
(買わない方がいいよ)

She shouldn’t be late.
(彼女は遅れない方がいいね)

などなど♪
使える時はたくさんあると思うので、どんどん日常生活の中に取り入れていきましょう(^^)/

should/shouldn’tの使い方