海外の王様と女王様、知ってますか?

海外の王様と女王様、知ってますか?

こんにちは。新宿本校の糸山です。
今回は海外にはどんな王様や女王様がいらっしゃるのか、まとめてみましたので、いっしょに見ていきましょう!

みなさんご存知!イギリスの女王

エリザベス アレクサンドラ メアリー(Elizabeth Alexandra Mary)がイギリスを統治されている、女王エリザベスの正式なお名前。

エリザベス女王は現在即位されている国王の中で最も高齢で、今年91歳になるらしいですよ。高齢でもいつもにこやかでおしゃれなイギリスが誇るファッショニスタでもあります。

エリザベス女王はイギリス本国だけでなく、イギリスとして名前を連ねるイギリス連邦全体の君主です。現在はカナダ、ニュージーランド、オーストラリアなど皆さんが良く知る国々から、パプアニューギニア、ジャマイカ、バルバドスなど実に16カ国を含むため、エリザベス女王は必然的に16カ国の君主ということになります。

16カ国の君主なんて、私ならプレッシャーで押しつぶされそう。

タイの国王の名前はすごく長かった!?

タイといえば最近、史上最も素晴らしいとされる前国王 ラーマ9世(プミポン国王)が亡くなって、タイ全土ですごく嘆かれたのが印象的でした。タイは南半球で唯一植民地支配を受けず、君主の安定した支配がとても評価されている国家のひとつ。

タイではプミポン国王がなくなった際、国民のほとんどが黒の服で通勤通学されていたので、すごく愛されている国王だったのだと思います。

跡継ぎとして後継したのはラーマ10世。
実はプミポン国王、ラーマ9世と呼ばれていたにも関わらず名前のどこにもラーマの名前は入っていないんです。
ラーマ10世も同じ。正式な皇太子名は「ソムデットプラボーロマオーラサーティラートチャオファー・マハーワチラーロンコーン・サヤームマクットラーチャクマーン」
…長すぎます……しかもラーマはない?

これについては講師も首をひねっていましたので、誰か知っている方は教えてください(笑)

天皇陛下は現存する最古の王様?

日本の天皇陛下って世界でもかなり人気者ってご存知でしたか?
海外の友達に天皇陛下は海外にもすごく人気のある素晴らしい方として認知されているよ、と教えてもらいました。

さらに日本の天皇陛下は、現存する最古の王朝にして、唯一神の生まれ変わりの子孫として、「King」ではなく「Emperor」という最強の地位にいらっしゃるのだそうです。

海外の人とのコミュニケーションを取るためのネタとして、国ごとに様々なバックグラウンドがあることを知っておくと良いかもしれませんね。