語源で覚える英単語

こんにちは!新宿本校の日下部です。
今日は、英単語をもっと楽しく、もっと効率的に覚える為のコツを紹介したいと思います☆

英単語を語源で覚えよう!

英語は、綴りが似ていて意味の異なる単語が沢山ありますよね。
混乱して覚えられない!と感じる方もきっと多いと思います(-_-;)

例えばcoで始まる単語だけでも、
consist, congratulate, companion, conclude…
などなど数えきれないくらいあります(*_*)
ですが、英単語の語源に気を付けることで紛らわしい英単語もより簡単に覚えることができるんです☆

“companion”は「一緒にパンを食べる仲間」

ここでは「仲間、友」という意味の”companion”を例にとって説明していきたいと思います!
“companion”は”com”+”pan”+”ion”の三つに分けることができます。
“com”は「共に」、“pan”は「パン」、“ion”は「~こと」という意味です。

これらを合わせると…
「共に」+「パン」+「~こと」→「共にパンを食べること」
そこから、「共にパンを食べること」は「仲間や友」とすることだ、と派生していき、今の意味になっているんです!

語源で暗記の効率アップ(^^)/

上で説明した単語以外にも、

evolution→e(外側へ)+volve(回転する)+tion(~こと)→→「進化」
involve→in(内側へ)+volve(回転する)→→「巻き込む」
revolve→re(後ろへ)+volve(回転する)→→「反逆する」

など語源”volve”を含む単語だけでもこれだけあります!
語源に注意すると沢山の単語を関連付けて覚えられるようになります(‘ω’)ノ

皆さんも日々の英語の勉強に「語源で覚える英単語暗記」を取り入れてみてはいかがでしょうか☆

語源で覚える英単語