願望を意味する英語表現

願望を意味する英語表現

こんにちは♪新宿本校の糸山です(^_^)v
今日は「~したい」という願望を意味する英語についてお話したいと思います。

Wantしか使わないのはもったいない!

「I want to~」って皆さん使いますよね。
旅行に行きたい、英語を話せるようになりたい、などの願望を伝えるときに使用できます。
間違ってないです!しかしこれはかなり口語的表現!
「旅行にいきたーーーーい!」といった感情表現には適しているけど、「お茶をいただきたいです」といった少し丁寧な言い方には適していません。もっと丁寧な言い方も覚えたいですよね”(-“”-)”

あと「行きたいんだけどいけない…」といった場合もニュアンスを伝えられないと思います。
そういった方には是非最後まで読んでいただきたいです(*´▽`*)

Wishを使いこなそう

Wishは“実現できない願望”を表現する時に使います。
例えばさっき言った「旅行に行きたい」けど「仕事が忙しくて行けない」場合

I wish I could go travel.

というと、「行きたいんだけど行けない」というニュアンスを含んでいます。
Wishのあとの文が過去形になるのがルールです( ..)φメモメモ

もし「旅行に行けていたら」という過去の願望を指す場合は、

I wish I could have been travel.

と、過去がより過去になります。

この仮定法を使いこなせると英語のレベルが高くなるので、皆さんも頑張ってチャレンジしてみて下さいね☆

Would like toを使ってみて♪

Would like toは例えば飛行機で機内食が運ばれて来た時に、

I’d like to have a fish plate.
(魚のプレートを頂きたいです。)

のように、ニュアンスとして丁寧な雰囲気を出すことができます。
Would like toはwantよりもさらにフォーマルな感覚を含んでいます。機会があれば使ってみて下さいね☆

文法を学ぶだけでなく使ってみるのが重要です!
新しく覚えた文法を、是非リンゲージのレッスンやフリートークの中で活用してください(*’▽’)