英語の早口言葉☆

こんにちは!新宿本校の日下部です。
今日は英語の早口言葉について紹介したいと思います(`・ω・´)

早口言葉って英語でなんて言うの?

さて、突然ですがここで問題です!
「早口言葉」は英語でなんというでしょうか?

正解は …“tongue twister” です!
直訳すると「舌をねじれさせるもの」になります。
「舌をねじれさせる」という発想が日本語にはないもので面白いですよね(‘ω’)ノ
この”tongue twister”は英語の発音を伸ばすのにピッタリなんです!

色々な早口言葉

ここで、私の好きなtongue twisterを紹介していきます!

まずは、sとshの発音の違いをマスターするのにうってつけな早口言葉…
She sells sea shells by the seashore.
(彼女は海岸で貝殻を売っています)

sとshの違いをしっかり意識して、ゆっくりと少しオーバーなくらいに発音するのがポイントです☆

続いては、pの発音を鍛えられる…
Peter Piper picked a peck of pickled peppers.
(ピーター・パイパーは1ペックの酢漬けの唐辛子をつまんだ)

破裂音であるPを発音するコツは、とにかく唇を使って空気を破裂させること!
Pの発音は日本語のパ行を発音させる時に似ていますが、pはより強く音を弾きます。目安としては、10cm手前にかざしたティッシュが大きく揺れるくらいできていればきちんとp音が発音できているはずです!

他にも、多くの日本人が苦手とするrとl、tとth、bやvを練習できる早口言葉もあるので、是非チャレンジしてみて下さい!

楽しく発音を伸ばそう(*’ω’*)

日本語でも難しい早口言葉なのに、英語で早口言葉だなんてできるわけない……そう思うのも当然かもしれません。
ですが、日本語でもうまく言えないのだから、英語でスラスラと言えないのは当たり前。上手く言えるかどうかは気にしすぎずに、楽しんで練習しましょう☆

英語の早口言葉☆