知ってびっくり!イギリスの学校のこと

こんにちは(´▽`*)
新宿本校の糸山です(/・ω・)/
今回はイギリスでは、みんなどんなふうに学校に行っているのか、少しだけ覗いてみましょう(/ω\)

イギリスの小学校

日本の小学校は7歳から入学して、12歳で卒業しますよね?
しかし、イギリスでは5歳から11歳までの6年。
もちろん日本には保育幼稚園が存在していますが、幼稚園に行く場合は文部科学省の規定に基づいて、知的教育も施すのに対して保育園は園児の栄養管理健康管理や保護者の就業中の保護が目的です。

イギリスの幼稚園(就学前教育)は3年間、国からの保護を受けながら行かせることができます。
しかも小学校に行って教育を受けるか、それともお家で両親から教育を受けるかを親が選択。そのため小学校の6年間を家で勉強する子もいるんだとか|д゚)
小学校に行かないで小学校を卒業する、というのは何とも斬新なイメージが…日本人の私にはあります…(`・ω・´)

高校生活は日本と全然違う???

イギリスには中学と高校というのは存在しません。
16歳からシックス・フォームという形態で大学にいく人のためのカリキュラム・Aコースと、そのほか高校卒業後は働きにでる子達のための実務能力のためのコースに分かれていきます。

しかも寄宿学校もあるので、中学生・高校生の年のころから親元を離れる人たちもたくさん居るみたい…。
えらすぎて脱帽です…。

イギリスの大学は1年生にしてプロ?

日本の大学では1年目に教養科目といって、好きな科目をたくさん取るのが普通のカリキュラムになっています。(理系の方はちがうかも)
イギリスではシックス・フォームでAコースになった時点で、自分の専門科目についての一定の知識を備えているので、大学入ったらすぐにそういった専攻に合わせて授業を取れるようになっています。

授業は講義形式よりもディスカッションやプレゼンなどのアウトプットの多い形態みたいです。
日本より専攻に対する専門知識を多く持つことが出来ますし、他の人から得る意見の多様性も日本より進んでいそうですよね?

私達日本人も世界の人たちにおいていかれないように、がんばって勉強していかないと!!

知ってびっくり!イギリスの学校のこと