TOEIC380点から900点を超えた学習方法

TOEIC380点から900点を超えた学習方法

こんにちは。新宿本校糸山です(*^^*)
今日は私がどうやってTOEICのスコアを伸ばしたか?について、お話していこうと思います。

そもそもTOEICとは?

TOEICとはリーディングとリスニングの2パートからなる英語のマーク式テストで、現在企業が英語の能力の指標のひとつとして最も重要視している公式英語技能試験です。
新卒の人たちの平均スコアは600点といわれています。
990点が満点ですが、1問2点などのルールがあるのではなく、TOEICが定める英語の点数配分でスコアがきまります。
試験時間が2時間と休憩も無いので、初めて受けたときは眠気と戦うのが大変でした…笑

初TOEICは大学生のとき

初めてTOEICを受けたのは大学生のときでした。
TOEICには公式のテストと模擬試験として大学や企業ごとに実施されるTOEIC IPのテストの2種類が存在しており、私はIPテストの方を受けました。
そのときのスコアは380点と、すっっごく低かったです…。

その時大学では帰国子女といわれるような「英語得意な人たち」がたくさん居て、うらやましく思ったのを覚えています。
私もああやってみんなから英語ができてかっこいい!!と言われたい!
そう思ってまずTOEICのテキストを購入し、リスニングパートとリーディングパートに分けながら、毎週1回ずつ解き進めました。
TOEICは時間との戦いです。そのため、どうしても2時間集中することに慣れておかないと…と思いました。
そのほかにニュースで英語を学べるテキストも購入。
BBCやABCニュースなどの海外のニュースから比較的分かり易いものをピックアップした内容のテキストで、CDを聞きながら穴埋めをするというもの。
トピックも時事問題とリンクしていて面白いですし、語彙力も伸びるのでこれを2冊3周していきました。

慣れてきた後の学習は?

TOEICのスコアが700点を超えた後は、小さなミスをなくしていく訓練をしていく必要があるので、公式のテキストをひたすら解きました。
TOEICは何冊か公式のも問題集を出しているので、それを中古で5冊大体4周ずつ解いていく形で進めました。

結果的に時間は人より掛かってしまいましたが、TOEICのスコアは伸ばすことが出来ました!!
皆さんも英語の伸び具合の指標としてTOEICを受けてみてはいかがですか??