オススメの洋画をご紹介します♪

オススメの洋画をご紹介します♪

Hello!本校のRisakoです(^^)
今回は私のオススメ洋画を3本ご紹介します!

「TIME/タイム」2011年公開 監督Andrew Niccol

「全ての人類は25歳で成長が止まる」のキャッチフレーズがとても印象的です。
人間の余命が通貨のように売買される近未来を描いた、SFサスペンス・アクションです。富める者は永遠の寿命を手に入れ、貧しき者短命になってしまうという世界です。
主演はJustin Randall TimberlakeとAmanda Seyfriedです。
この二人が貧しい青年と、大富豪の娘を演じます。そして社会の不合理なシステムと戦うのです。

「The Island/アイランド」2005年公開 監督Michael Bay

近未来のアメリカを舞台にしたSFアクション映画です。
大気汚染の影響で外界から隔離され、毎日行われる抽選で当選したものだけが、地上唯一の楽園「アイランド」に行くことが出来るという世界。
主演はEwan McGregor、Scarlett Johanssonです。
Ewan演じる主人公はとあることをキッカケに、外気は実は汚れてなんかいないのでは?と疑問に思い、真相究明に当たります。
そこでたどりついた答え、それは、彼らは「クローン」だという事。
外界へ逃げ出した二人は次々と驚愕の真実を知ることになります。
人間VSクローン! 最後までハラハラドキドキです。

「Lord of the Flies/蝿の王」初回公開1963年 監督Peter Brook

1954年出版、著者William Gerald Goldingの小説が原作です。
アメリカの陸軍学校の生徒たちを乗せた飛行機が、大戦中に海に墜落。
なんとか24人が無人島にたどり着きます。
10歳前後の少年らが、子ども達だけで生き残っていくために
自分たちで食料を狩り、本能の赴くままに日々を生き抜きます。
社会の秩序やルールの存在しない無人島で、理性を失い、やがては仲間内で争いが始まります。
人間の善とは、悪とは何か?人間らしさとは何か?
とても考えさせられます。

いかがでしょうか?(^^)
洋画を吹き替えではなく、字幕だけで観ることによって、日本語のフレーズをネイティブの英語ではこういう風に言うんだ!という発見があります。
また、ひとつでも単語やフレーズを聞き取ることが出来るようになったら、どんどん自分の英語力に自信がついていきます!

ひとつでも興味を持っていただけた方はぜひ、レンタルをしてみてくださいね♪