イースターって何???

こんにちは!!新宿本校の糸山です。
今日は海外のイベント「イースター」についてお話していこうかなと思います☆

そもそもイースターとは?

キリスト教の預言者イエス・キリスト(英語ではジーザス・クライスト)がなくなった後、3日後に復活したのが元になっています。
クリスマスのように日付が変わっているのではなくて、年によって変わるのも不思議なところ…

2017年のイースターは4月16日、日曜日!!ですよ。

イースターってなにをするの??

キリスト教の人はもちろん教会学校に良くと思いますが、英語圏の人はかわいくデコレーションしたゆで卵(イースターエッグ)を隠して、子供達に見つけてもらうエッグハントが行われます。

私も一度イースターエッグを作ったことがありますが、とってもかわいいですよ!
ウサギやひよこなんかのシールや、レース、押し花なんかを張ったりして、自分オリジナルのイースターエッグを作るのも素敵ですよね

イースターに良く見るウサギって何??

イースターにはウサギのモチーフを良く見ますよね。
あのウサギってなに?って思われる方もいらっしゃるかと思います。
イースターでよく見るウサギは、イースターバニーといって、実は新しい命の象徴なんですよ。
ウサギというのはたくさん子供を生んで育てる動物なので、そういった意味で新しい命→キリストの復活 で結びついたんですね。

皆さんも4月の新しいイベントとしてイースターをご家族で、お友達とお祝いするのも良いかもしれないですね☆

イースターって何???