英会話教室TOP教室を探す 英会話リンゲージ新宿本校 新宿本校ブログオーストラリア英語とアメリカ英語はどう違う?

オーストラリア英語とアメリカ英語はどう違う?

こんにちは。新宿本校のLisaです。
先月オーストラリアに短期留学していたので、今日はオーストラリア英語とアメリカ英語の違いを少しご紹介します!

“a”は「エイ」

アメリカ英語だったら、todayは「トゥデイ」、playは「プレイ」と発音しますよね。ところがオーストラリアでは多くの人が「トゥダイ」、「プライ」と発音します!
これだけでもけっこう違うように聞こえるので、慣れるまでは聞き取るのが大変です。

“can’t”は「カーント」

日本ではcan’tは「キャント」と発音する人が多いと思いますが、オーストラリアでは「カーント」と発音します。オーストラリア英語はローマ字読みに近いことが多いです!

“center”は”centre”

たまに同じ単語でもアメリカ英語とスペルが少し違うことがあります。
centreは町でよく見かけました!最初は違う単語かと思いましたが、スペルが違うだけでcenterと同じ意味なんだそうです。

オーストラリア英語とアメリカ英語はどう違う?