英会話教室TOP 教室を探す 英会話リンゲージ新宿校 新宿校ブログ 海外の文化「アフタヌーンティー」と「フィーカ」
感染予防対策について

安心してレッスンを
受けていただくための取り組み

英会話リンゲージでは、今後もお客様に安心してレッスンを受けて頂くため、以下の対応を強化して参ります。

マスクの着用

マスクの着用

室内換気の徹底

室内換気の徹底

飛沫防止アクリル板

飛沫防止アクリル板

体調確認のご協力

体調確認のご協力

手洗い・消毒の徹底

手洗い・消毒の徹底

教室内の消毒清掃

教室内の消毒清掃

お手持ちのスマートフォンやタブレット、PCから受講いただけるオンライン英会話レッスンもございます。

オンライン英会話も選べる!

海外の文化「アフタヌーンティー」と「フィーカ」

こんにちは、新宿校のレイです!
今日は海外の食文化についてご紹介します♪

イギリスといえば…アフタヌーンティー!

まずはイギリスの食文化…
といえば、みなさんご存知「アフタヌーンティー」ですよね(^^)
イギリスのアフタヌーンティー文化は1840年頃発祥とされています。

格式高いホテルなどで提供されるものは、紅茶とともに3段のトレーにのった軽食とお菓子が運ばれてきます。1番上の段のサンドイッチから始まり、2段目のスコーンにつづき、そして最後は3段目のスイーツとなっています。

私も初めてのアフタヌーンティーでは、お茶なのにそんなに食べるの!?とびっくりしました。
でもイギリス人らしく優雅な食文化ですよね(^^)

お次はスウェーデン、フィーカって?

次はスウェーデンの食文化についてです。
北欧のスウェーデン、アフタヌーンティーではないですが、実は世界で6番目にコーヒーの消費量が多い国なんです!

スウェーデンには「フィーカ」と呼ばれる食文化があります。
これは、お仕事が始まる前やちょっとした休憩時間などに友人や同僚などとコーヒーや紅茶を飲みながら一息する時間のことを指します。
フィーカの文化はすごく一般的で、どんな人でも1日に1回、多い人だと3~4回もフィーカをすることがあるんです。

団らんを大切にし、メリハリをつけた生活を送るための、とっても素敵な文化ですね。

リフレッシュを大切に!

今回ご紹介した2つの食文化。
アフタヌーンティーとフィーカ、いかがでしたでしょうか?

日本にいても体験できるお店がありますので気になった方は、ぜひ行ってみてくださいね♪

それではリフレッシュやリラックスのお時間を大切に、英語の勉強もがんばっていきましょう!(*^^*)

海外の文化「アフタヌーンティー」と「フィーカ」

※ブログの内容は記事公開時のものとなります。最新情報は各教室にお問い合わせください。

PAGE TOP

オンラインでもOK!

まずは気軽に無料体験