英語表現:What-Cha-Ma-Call-it -正月編

HELLO!! 新宿本校の日本人講師NATSUKIです。
本日は、新年の抱負を英語で話す練習をします。

What is「What-Cha-Ma-Call-It」?

「○○○って英語でどう表現すればいいんだろう?」
といった皆さんの日常的な疑問にお答えするのが、この[What-Cha-Ma-Call-It]という企画です。

そもそもWhat-cha-ma-call-itって何でしょう?

ほわっちゃまいこーるいっと!!*ECHO*

簡単に説明すると、「これって何っていうんでしたっけ?」という意味です。

とても砕けた表現なので、社内メールやビジネスプレゼンテーションでは使わないように気を付けましょう。

新年の「抱負」と画像の「解像度」は英語にすると同じ!?

皆さん2017年の目標設定は無事終わりましたか?

ちなみに僕の新年の抱負は、
・階段を使うこと(エレベーターを使わない)
・時間管理をしっかり行うことです。

昨年の抱負である「世界から貧困を無くす!」を見事に失敗したので、今回はより現実的な目標を設定しました。

エレベーターを使っている僕を目撃した際は、オンスポットで一喝してください。

ではここで重要な英単語の紹介です。

抱負=Resolution

解像度のResolutionもまったく同じです。
わかりづらいですよね!

僕の抱負は英語で紹介すると以下のようになります。

“My new year’s resolution is to use stairs instead of using elevators.”
日本語訳:僕の新年の抱負はエレベーターの代わりに階段を使うことです。

改めて英語にしてみるとなんて意識の低い目標なんだろう、と改めて思いますね(笑

JUSTIN BIEBERの記憶力は一般人?

先程の僕の例にプラスで芸能人のケースも一つ学びましょう。

“ALWAYS TRY TO REMEMBER WHERE YOUR CAR WAS PARKED.”
日本語訳:(今年は)駐車場のどこに車を停めたかを忘れません。

ここにも若干意識低い系がいましたね。
誰かわかりますか?

そうです。
JUSTIN BIEBERです。

イケメン+歌が上手い+踊れる+作曲できる
神が4物+を与えた彼の目標はあまりに一般的でした。

皆さんもResolutionという言葉を頭の片隅において、学びある新年をお過ごしください。

英語表現:What-Cha-Ma-Call-it -正月編