英会話教室TOP 教室を探す 英会話リンゲージ新橋校 新橋校ブログ 英会話の苦手を克服するためにやってみて欲しいテクニック

銀座有楽町校へ統合いたしました。

英会話の苦手を克服するためにやってみて欲しいテクニック

こんにちは。リンゲージ新橋校の水澤です。

今日は、英会話の苦手を克服するためのテクニックをご紹介したいと思います。
お役に立てば嬉しいです。

『英語で会話』の苦手を克服する!

まず、イメージしてください。

『英語で会話する』というのは『日本語で会話する』ということと同じです。
何を使って(道具として)、会話する(=コミュニケーションをとる)のかが違うだけです。

日本語でお友達と会話をするときに、聞き取れなかったことがあったら、どうしますか?
「ごめん、もう一回言って?」とか「なんだって?」とか聞き返しませんか?

それと同じことを英語でやってOKなのです。
日本人は、『英語が聞き取れない』ことに焦りを感じるのか、罪悪感があるのか、
聞き返すということをあまりしません。

そのため、
『何を言っているのか分からないまま、話がすすんでしまう』ということになり、
会話すること自体が怖くなってしまうのです。

英語の聞き返し方のテクニック!

リンゲージ新橋校の講師Sean先生はよく以下のフレーズを使って聞いてきてくれます。

『Sorry?』

イギリス人は、こうやって聞き返すことが多いようですが、
アメリカ人のTabitha先生も同じ表現を使っていますので、
イギリス英語はこう!アメリカ英語はこう!という風に厳格に考えなくてもOKです。

日本人にとっても言いやすく、Sorry?という聞き返し方は覚えておきましょう。
語尾を上げて聞くのがポイントです。

ちょっと言葉が足りないな、もうちょっと付け足したいな、
というモヤモヤ感には、以下のフレーズが使いやすいと思います。

『Sorry, Could you say that again?』

Sorry?だけより、少し丁寧な表現になります。
単語ではなく、ちゃんと言葉で伝えたいと思う時は、
距離感のある間柄(友達関係ではない知り合い程度など)の時だと思いますので、
こちらの表現がいいかも知れません。
お友達同士なら先程の『Sorry?』で大丈夫ですよ。

聞き返した後のテクニック!

さて、聞き返したあとが問題だと思います。
聞き返しても分からなかったら、ますます『どうしよう…』と思ってしまいますよね。

最後に、会話(コミュニケーション)のテクニックです。

単語にフォーカスして聞き返してみましょう!
語尾を上げるだけで、
『その言葉はどういうこと?どういう意味?なにそれ?』

という意思表示になります。日本語もそうですよね。

ピンポイントの単語で返すことで、
『あ、ここを詳しく話してあげればいいんだ!』と思ってもらえます。
言葉を言い換えて説明してくれるので、『こういうことか!』と理解することができます。
有効なテクニックなので、使ってみてくださいね。

リンゲージではFree Talkテーブルがあるので、
生徒様はそこで先生にたくさん教えてもらっている光景をよく目にします。
聞き方が分からなくても、
単語+語尾上げテクニックで、たくさん聞いて、たくさん話しを続けることができます。

先生たちも、詳しく&細かく説明してくれるので、
英会話力のレベルを問わずみんなで盛り上がることができています。
いつも楽しいそうですよ!

話すネタがなくて困る!と思っても大丈夫!
写真のような、アルバムや月ごとに変化する『Phrase of Month』を置いてありますから、
それを使って会話を始めてみてください。
最初は緊張しても、だんだん楽しくなってくるので、ぜひ遊びにきてくださいね!

英会話の苦手を克服するためにやってみて欲しいテクニック

※ブログの内容は記事公開時のものとなります。最新情報は各教室にお問い合わせください。

PAGE TOP
英会話教室TOP 教室を探す 英会話リンゲージ新橋校 新橋校ブログ 英会話の苦手を克服するためにやってみて欲しいテクニック