銀座有楽町校へ統合いたしました。

おもてなし英語ってなに?

こんにちは。
新橋校のNatsumiです。
今回は、おもてなし英語についてご紹介します!
オリンピックを2年後に控えている日本。
オリンピック招致のスピーチで使われた“OMOTENASHI”ですが、すっかり世界中で定着していますよね!
おもてなし英語なんて言葉も定着していますが、具体的にどんなことなのでしょう?

“OMOTENASHI”はどんなふうに説明されているの?

ご存知の通り、おもてなしは日本にしかない表現です。
海外ではどのように紹介されているのでしょうか。
「ニューヨーク・タイムズ」の記事(1997年4月20日付)には、
このように書かれていました。

The Japanese call it OMOTENASHI: a service concept for which no simple translation exists. Thoughtfulness, dedication to customers' needs and meticulous attention to detail are key elements of such service.


“日本人はこれを「おもてなし」と呼んでいる。
単純な英訳語は存在しないサービスの概念で、心遣い、顧客のニーズへの献身、細いところにまく行き届く配慮がこうしたサービスの主要な要素だ。”

とても素敵に紹介されていますね(*´ω`*)

外国人に人気の居酒屋で

居酒屋に行くと、必ずお通しがでますよね。
それって我々にとっては普通ですが海外ではどう受け止められているのでしょうか。
調べてみたらこんな記事がありました!

“自国でいうチップでしょ?”
“日本の文化なのはわかるけど押し付けないで欲しい”
“お金を余分に払っているみたいで不快”
“チップと違って食べ物が付いてくるから好き”

賛否両論ですね。
みなさんも、海外からの友達がいたら聞いてみて下さい!

よく使う表現を英語で言えると便利かも♪

こんな話を聞きました。
同じく居酒屋で、英語が話せない店員さんがアメリカ人のお客様の対応をしていた時のことです。
海外のお客様にお料理のサイズを聞かれたら説明できるでしょうか?
ある店員さんはお客様に “How large?” と聞かれ、

“It serves two to three people”
“It’s pretty filling”
「2~3人分ですよ、お腹一杯になりますよ」

と伝えたそうですよ。これなら分かりやすいかも知れません。
つい“enough”を使いそうになりますが、この表現の方が自然でかっこいいですね!
仕事で使いそうな方は、覚えておくときっと便利です♪

こういった表現を自分で調べるのは大変ですよね。
リンゲージならネイティブの講師に直接聞けるのでとっても勉強になりますよ!
英会話教室リンゲージには生徒さんなら無料で利用できるフリートークテーブルがあります。
是非、皆さんも活用して下さい(*´ω`*)

おもてなし英語ってなに?

※ブログの内容は記事公開時のものとなります。最新情報は各教室にお問い合わせください。

PAGE TOP
英会話教室TOP 教室を探す 英会話リンゲージ新橋校 新橋校ブログ おもてなし英語ってなに?