銀座有楽町校へ統合いたしました。

英会話は『会話』です!

こんにちは、リンゲージ新橋校の水澤です。
今日は、スタッフ・講師の英会話上達法をご紹介します。

たくさん英単語を知っていれば話せるかな?

かなり以前のことですが、こんなことがありました。

TOEICスコア900点をお持ちの方が「会話力に自信がない」ということで、リンゲージに体験レッスンにご来校されたのです。

TOEICスコアだけ見ると、かなりの上級者です。
ダイレクトイングリッシュ(テキスト)のレベル6であっても不思議ではないほどです。

私も、きっとそうだろうなと思っていました。
でも、体験レッスン後、講師からのフィードバックはレベル1でした。

その講師によると、
「たくさん単語も知っていて、たくさん文法の知識もあるので、時間をかければ、しっかり話せるのだけれど、自然な会話となると反応に時間がかかったり、逆に慌ててしまったりして文法の正確さが崩れてしまう。」
ということでした。
普段話す機会がなかったその方は、『話す力』がご来校された時点では欠けていたのです。

会話力を磨きましょう!

日本語でも、意外と『会話力』というスキルは難しいものです。
自分の言いたい事を正確に表す力と、相手に伝える語彙力・表現力が必要です。

英語を母語としない私たちは、その力について、日本語以上の努力が必要です。
英語で聞かれたら、英語で返す。
会話というものは単純です。
返事をする > 質問をする > 話題をふる
相手がいて初めて成立するものばかりですが、行うことは難しいことではありません。

講師が教えてくれたことは、
返事をしたあとに、質問をする癖をつける。1つでも2つでもいいから、質問をしてほしい。そうすると会話する力がつくから。内容の深さや難しさは後回しでもいいから、会話を繋げる力を養うために、必ず質問をするようにしたらいいと思うよ。」

なるほど、と思いました。
『会話を繋げる力』は、意識しないと中々身につかないかもしれません。
英語だと、言語的に不自由さがありますから、なおさらです。

話す練習も意識が大事

前述した生徒様は、来校時点、語彙・知識はたくさんあったのですが、会話としてアウトプットする練習が不足しておられました。

しかし、リンゲージに通い始めて、授業時間以外には、当たり前のように知らない講師が挨拶をしてくる。今週あったことを聞いてくる。
教室に来るたびに、『英会話をする』という状況にさらされるわけです。
さらに「小さなことでも質問していこう!」という意識を持ちながら、毎回話すようにしていたそうです。

それを繰り返すうち、元々持っている語彙と知識が助けとなったようで、「質問する量や内容の濃さが格段に上がってきた!」と笑顔を見せてくださいました。
ここまで3ヶ月もかからなかったように思います。

今までやってきたことは絶対に無駄になりません。
話をする練習が足りないだけです。
今までの英語学習の努力が発揮できていないと感じていたら、ぜひリンゲージで英会話を練習しにきてくださいね。

★英会話リンゲージの無料体験レッスンについて詳しくはこちら★

英会話は『会話』です!

※ブログの内容は記事公開時のものとなります。最新情報は各教室にお問い合わせください。

PAGE TOP
まずは気軽に無料体験