銀座有楽町校へ統合いたしました。

オンライン英会話も選べる!

音声学で分析するLとRの違いって?

こんにちは。新橋校のHinakoです♪
今日は、発音の違いに困るランキング第一位!と言っても過言ではない、
LとRの違いについて、音声学の観点からついて考えてみようと思います。

「どうして発音が難しく感じるの?」

そもそもどうしてこの2つの発音が難しいと感じるのでしょう…?

それは、日本語には/r/と/l/、どちらの発音も存在しないからです!

音声学上、日本語のらりるれろの子音には、
/ɽ/という発音記号が使用されていることからも、違いがわかりますよね。

「それでは、発音できるようにならないの…?」
と心配される方もいらっしゃると思います。

でも安心して下さい!!
人間には発音できない音はないと言われているので、
コツをつかめばできるようになります!!

「LとRの違いって?」

それでは、/l/と/r/の違いを見ていきましょう。

/l/と/r/の共通点は、両方とも歯茎音であるということです。
歯茎音とは、舌を上の歯茎に接触させて発音する音のことです。

この2つの違いは何にあるのか、ひとつずつ見ていきましょう。

まず、/l/の発音ですが、音声学的に言うと歯茎側面接近音に分類されます。
側面接近音は、舌の全体を上歯茎につけて発音するようなイメージです。
この場合、一時的に声道を通る空気の流れを塞ぎます。

次に/r/の発音ですが、歯茎ふるえ音に分類されます。
ふるえ音とは、名前の通り声を震わせて発音する音のことです。
よくRは巻き舌っぽく発音するとできる、と言いますが、まさにその通りです!
巻き舌を意識し、舌先だけを歯茎に触れさせて発音することを心がけてみてください。

以上、比較してみると意外と違いますよね。
ぜひ今日挙げたことを意識して、発音してみて下さい。

「正しい発音ができないと伝わらない」は間違い!!

最後に、皆さんに一つお伝えしたいのは
「正しい発音をしなくてはいけない」
というのは間違いだということです。

もちろん、正しい発音で話した方がベターではありますが、
それができないと伝わらない、ということはないです。

特に日本人の発音は、
比較的聞き取りやすいと言われていますし、
文脈で判断できる場合がほとんどです。

細かい発音の違いがわからなくても、
気負わず、積極的に話してみましょう!!

音声学で分析するLとRの違いって?

※ブログの内容は記事公開時のものとなります。最新情報は各教室にお問い合わせください。

PAGE TOP

オンラインでもOK!

まずは気軽に無料体験