Irish language in modern society

Not much is known about the Irish language to people who live in Japan, and even in Ireland it is not spoken natively by most people. In this blog, I would like to talk a bit about the Irish language, as little is known about it here in Japan. It is a minority language but still well known as a very elegant and passionate language.

アイルランド語については日本人にあまり知られておらず、アイルランドにいる人でもほとんどの人はネイティブのようには話しません。
このブログでは、日本で少しだけ知られているアイルランド語について少し話そうと思います。
アイルランド語は少数言語ではありますがエレガントで情熱的な言語としてよく知られています。

What are you talking about?

In Ireland, we have two official languages, Irish and English. Whilst many people can speak Irish, not all can do so very well. However, almost every person in Ireland can speak English natively and in many cases as their only language. Irish English shares many similarities with British English such as spelling and certain expressions, but for the most part Irish English is known for both its charming accent and creative expressions.

アイルランドでは、アイルランド語と英語、2つの公用語が存在します。
多くの人々がアイルランド語を話すことが出来る一方で、全ての人が上手に話せるわけではありません。
しかし、ほとんどのアイルランドにいる人は英語を流暢に話し、そして多くの場合それが彼らの唯一の言語なのです。
アイルランド英語は、スペルや特定の表現といった点でイギリス英語と多くの類似性を共有しています。
しかしほとんどの部分でアイルランド英語は魅力的なアクセントと創造的な表現の両方で知られています。

But what about this Irish language you mentioned?

The Irish language (known as Gaelic) is known to be very difficult to learn, as it is an old Celtic language similar only to Scottish Gaelic and Manx. The Celtics were great and fearsome warriors, known for their bravery and their passion which many think it is still visible in today’s “passionate” Irish people. With this language, poetry and music became widespread and fascinated people all over the world.

アイルランド語は(アイルランド・ゲール語として知られています)はケルト語派がスコットランド・ゲール語やマン島語に似ていたように、学ぶのがとても難しいということで知られています。
ケルト語は今日の情熱的なアイルランド人に未だに見られる情熱で知られていた素晴らしく、勇敢な戦士でした。
この言語のおかげで、詩や音楽は広まり世界中の人々を魅了させるようになりました。

Where do they speak this language???

In Ireland, everyone has to study this language in school, and there are always opportunities to listen or speak the language through the various television channels available in Irish, available Irish music and simply starting a conversation on the streets of an Irish town and you’ll find someone who wants to speak in Irish. There are areas known as Gaeltachts that are places where only Irish is spoken.
As many Irish traveled abroad, they brought the language with them and even today there are various schools that teach Irish in countries such as Russia, America and Australia.

アイルランドでは、全員が学校でこの言語を勉強しなければならず、アイルランドで利用可能な様々なテレビ番組、アイルランド音楽を通してそれを話したり聞いたりする機会がいつもあり、アイリッシュタウンの道で会話を始めることができ、アイルランド語で話したい人を見つけられるでしょう。そこにはアイルランド語だけが話されているゲールタハトとして知られている地域があるのです。
アイルランド人が移住をする時、彼らは彼らとともにアイルランド語を持ちこみました。
そして、今日でさえもロシアやアメリカ、オーストラリアといった国でアイルランド語を教える様々な学校があります。

I hope you liked learning about this language, and maybe I’ll do more posts about it in the future as there is a lot of interesting information about it too!
See you soon, students!

この言語について学ぶことを気に入ってくれたことを願います。
そして、沢山のアイルランドについての面白い情報があるので、これからもっと投稿をしていきます!
それではみなさん、またすぐにお会いしましょう!

Irish language in modern society
※ブログの内容は記事公開時のものとなります。最新情報は各教室にお問い合わせください。
PAGE TOP