日常会話で混乱する英語のYes/No

こんにちは、新橋校のMegumiです。

日常会話のなかで相手の質問に対して使うYesとNoの使い分け、実は意外とややこしいんです…。
質問によってはYesが「いいえ」になったり、Noが「はい」になったり…。
YesとNoの返答で相手に誤解を与えてしまうかもしれません!

否定疑問文の否定は?

Don’t you like sushi ?

「お寿司は好きじゃないんですか?」
これに英語でどう答えますか?

もしお寿司が好きなら、日本語では「いいえ」と答えるところですが、
英語では「Yes,I do.」になります!

Yes「いいえ」/NO「はい」???

日本語と英語では、否定の疑問文への「はい」「いいえ」が逆になってしまうのです!!

日本語では、「~じゃないんですか?」という否定疑問文に対して
「はい、好きじゃない」「いいえ、好きです」となりますよね。

英語の場合は、普通疑問文であろうと否定疑問文であろうと、肯定なら「Yes」否定なら「No」とシンプルに答えます!

「英語は話せないんですか?」と聞かれたら…

Can’t you speak English ?

これはどうでしょう。
一見ややこしいと思うのですが、シンプルに考えてみると意外と簡単ですよね♪
「はい」なら「Yes」
「いいえ」なら「No」です!
答え方を混乱しない考え方としては「not」を無視することです!
Can’t you~? をCan you~? に変換してみるといいですよ♪

英語には日本語のように「いいえ、好きです」というような言い方はありませんよね!
こう考えると日本語のほうがややこしい気がしますね^^;

日常会話で混乱する英語のYes/No