英会話教室TOP教室を探す 英会話リンゲージ新橋校 新橋校ブログイギリス料理は君が思ってるほど悪くないよ!

イギリス料理は君が思ってるほど悪くないよ!

こんにちは!新橋校講師のLeeです。
今日は僕のふるさとイギリスの料理について紹介しますね!

English food still tends to have a slightly bad reputation, but it’s not really true.

イギリス料理はいまだにあまり良くない評判がありますが、実際は違うんです。

History of English food イギリス料理の歴史

The foods and cooking of England is steeped in history and heritage.
Since ancient times English food has been influenced by foreign invaders.
The Vikings and the Romans were the first.
They brought herbs, spices, saffron, pepper, nutmeg, ginger and sugar, and much more.
In Medieval English cookery these herbs and spices, sugars were used every day in cooking.
Some of these dishes can still be seen in English food of today… Traditional recipes such as Puddings, cakes and breads.

イギリスの食材や料理は、歴史と遺産の中にあります。
古代よりイギリス料理は外国の侵略者によって影響を受けてきました。
バイキングやローマ人はその最初です。
彼らはハーブやスパイス、ペッパー、ナツメグ、しょうが、砂糖などの数多くの食材をもたらしました。
中世期のイギリスでは、調理されたハーブやスパイス、砂糖は日々の料理の中で使われました。
それらの料理のうちのいくつかは、プディングやケーキ、ブレッドといった伝統的な料理で、今日のイギリス料理の中でも見られることがいまだにあるでしょう。

War time England 戦時中のイギリス料理

During and after world war I and II, there was little food to feed everyone.
Food rationing started and only the very basic of essential ingredients were available to most people.. meat, eggs, sugar, butter and potatoes. This continued into the 1950’s.
It is during these years that England gained a bad reputation for poor cooking and untasty dishes.

第一次、第二次世界大戦の間とその後は、皆に行きわたるほどの食材がほとんどありませんでした。
食料の配給が始まり、お肉や卵、砂糖、バター、ジャガイモのような最低限度の基本的な食糧のみ人々は手に入れることが出来る様になりました。
これは1950年代まで続きました。この間、イギリスはその下手くそな調理と味のしない料理で、悪評を買っていました。

English food today 今日のイギリス料理

It took many years for England to overcome this reputation of bad cuisine, but fortunately this is now in the past.
England has regained its reputation for some of the finest foods, best chefs, Gordon Ramsey, Jamie Oliver etc. and many renowned restaurants especially in London.
English food traditions are many and varied.
National Dishes such as Afternoon Tea with scones and clotted cream, The Full English Breakfast with bacon and eggs, sausages, fried mushrooms and fried tomatoes.
Sunday Lunch with roast beef, roast potatoes, vegetables, gravy sauce and Yorkshire pudding, and of course great British Pub Lunches!
British puddings are world renowned, often steamed or baked and served with custard.
Pies and Pasties are another favorites, Pork pies, Steak and Kidney pies, Cornish pasties.
So next time you hear someone say anything bad about English food, tell them they are wrong ! (^O^)

イギリスは、こうした料理への悪評を払拭するのに長い年月がかかりましたが、幸運なことに現在、それは過去のこととなりました。
特にロンドンの数多くの有名なレストランやGordon Ramsey, Jamie Oliverといった優秀なシェフと最高の食事のおかげで、イギリスはその評判を取り戻しました。
イギリスの伝統的な料理は多種多様です。
スコーンとクロ-ティッドクリームを使ったアフタヌーンティや、ベーコンと卵、ソーセージ、フライしたマッシュルームとトマトを使ったイギリス式の朝食といった国民的な料理。
さらに、ローストビーフとローストポテト、野菜、グレイビーソース、ヨークシャープディングを使ったサンデーランチ、そしてもちろん最高なイギリス式パブランチ!
イギリス式のプディングは世界的に有名で、たいてい蒸すか焼いて、カスタードをつけて食べます。
パイとパスティは、ポークパイやステーキ&キドニーパイ、コーニッシュパイのように種類があり、それぞれみんなお気に入りがあります。
最後に、次にイギリス料理について何か悪いことを聞いた時は、それは間違っているよと教えてあげて下さい!

イギリス料理は君が思ってるほど悪くないよ!