What people eat and drink in Britain パート3

Hi, I’m Sean.
This is the second article regarding what people eat and drink in Britain.

こんにちは、Seanです。
今日は、前回に引き続き英国の食文化のパート3です。

Alcohol

Like in Japan, most people in Britain like to drink alcohol.
Beer and spirits are very common as well as foreign imports such as larger from different countries.
But British people are much known for drinking ale’s and stouts.
These are homebrewed alcohol drinks which are brewed by local pubs and served in a pint glass for people to drink.
Drinking alcohol is very common in Britain with pubs being a known place to serve alcohol as well as being a good spot to socialize at.
Pubs are very much like izakaya’s are in Japan, a place where people go after work to drink and socialize.

日本人と同様に、ほとんどのイギリス人はお酒を飲むことが好きです。
ビールやスピリッツは、他国から輸入されたラガーといった海外輸入品と同様に、非常に普及しています。
しかし、イギリス人はエールやスタウトを飲むとしてよく知られているのです。
それらは地元のパブで醸造された自家醸造酒であり、パイントグラスで出されます。
英国では、お酒を飲むことはとても一般的なことであり、特にパブは人々が交流する場であるのと同時に、お酒を飲む場所としてみなされています。
パブは日本でいう居酒屋に非常に似ており、人々が仕事帰りに立ち寄り、交流する場でもあるのです。

イギリスの食文化について、いくつかご紹介してきましたがいかがでしたか?
英語の発祥の地であるイギリスについて、さらに興味を持っていただけたら嬉しいです!

What people eat and drink in Britain パート3