What people eat and drink in Britain パート1

Hi, I’m Sean.
Today we are going to look at what people eat and drink in Britain.

こんにちは、Seanです。
今日は英国の食文化について見ていきたいと思います。

Food

Food people eat in Britain differs greatly to what people eat in Japan.
For example the most common food the British culture is known for eating is fish and chips.
Although people in Japan in some places eat fish, the way fish is cooked in Britain is different to how fish is cooked in Japan.
The way British people cook fish is by deep frying it in a battered mix to give a nice crisp taste to accommodate the chips that come with it.

On Sundays and special occasion such as Christmas and New year’s, British people cook and eat what is called a roast dinner.
This is only served and usually eaten on Sundays and it consists of vegetables such as broccoli, cauliflower, cabbage, carrots peas and potatoes.
With this they eat a piece of roasted meat such as chicken, beef or lamb.
Turkey is usually an option but this is eaten more at Christmas time than on a Sunday roast.
To go with this meal they usually eat it with a pastry like piece of food which is called a Yorkshire Pudding and gravy all over the food to give that added flavor.
People in Britain usually eat in big portions so when they are served something they expect quantity as well as quality.

英国人の食事は、日本人のそれと大きく異なっています。
例えば、最も一般的な英国の食文化は、フィッシュ アンド チップスを食べることとして知られています。
日本人も魚は食べますが、両国の調理方法は異なります。
英国の調理法は、魚についているチップとあうように、パリパリとした風味にするためにバターミックスの中で十分に揚げます。

日曜日や、クリスマスや新年などの特別な時期では、英国の人々はローストディナーと呼ばれるものを作って食べます。これは、大抵日曜日のみ作られ、食べられるもので、ブロッコリーやカリフラワー、キャベツ、にんじん、エンドウ豆、ジャガイモといった野菜が主な材料です。
これと合わせて、チキンやビーフ、ラム肉といったローストされたお肉を食べます。
普段、ターキーはオプションとされていますが、クリスマスの時期になると日曜のローストディナーより多く食べられます。
このようにお肉と合わせて食べる為に、大抵はヨークシャ・プディングと呼ばれる料理のようなペーストリー(パイ生地)や全ての食材に風味を加えるソースと合わせて食べます。
英国の人々は、普段多くの量を食べるので、何か食事を出されたときには、その質と同様に量も期待します。

引き続きパート2をご紹介します!次回もお楽しみに♪

What people eat and drink in Britain パート1