英会話教室TOP教室を探す 英会話リンゲージ新橋校 新橋校ブログなぜアメリカ人は7月4日をお祝いするの?

なぜアメリカ人は7月4日をお祝いするの?

なぜアメリカ人は7月4日をお祝いするの?

It’s getting hotter outside which can only mean one thing: SUMMER IS HERE!

In America, most people spend their summers having barbecues, bonfires, and MORE BARBECUES! One thing we especially look forward to is July 4th, a time when we can eat tons of barbecued meat and enjoy fireworks in the night sky. But, why do we celebrate July 4th? Do you know? If not, then read on to find out!

こんにちは!今日は新橋校講師のTabithaがアメリカの休日について紹介していきます!
外はどんどん熱くなって、まさに夏が来た!ですね。

アメリカでは多くの人がバーベキュー、たき火、またまたバーベキュー!をして夏を過ごします。そのなかで私たちは特に7月4日を楽しみにしています。この日はバーベキューでお肉をたくさん食べることが出来て、夜は花火が上がります。でも、なんで私たちが7月4日を祝うか、皆さんは知っていますか?
もし知らなかったら、ぜひ続きを読んでみてください!

7月4日は独立宣言をした日

The Fourth of July is also known as Independence Day, which first happened on July 4th, 1776. It’s a day that represents the birth of America as an independent nation. However, it is not the day that the American government declared independency, neither is it when the Declaration of Independence was signed. So, what exactly happened on July 4th?
The American government approved the final wording of the Declaration of Independence on this day. Originally, the document was submitted July 2nd, 1776, but the government decided to make some edits and changes and the finished product was on July 4th. The date of July 4th, 1776 was included on the document, but it was signed on August 2nd, 1776.

7月4日は独立記念日としても知られていますが、これが初めて起こったのは1776年7月4日でした。この日はアメリカが独立国家として誕生したことを象徴する日です。しかしこれはアメリカ政府が独立を宣言した日でもなく、独立宣言がサインされた日でもありません。では7月4日にはいったい何が起こったのでしょうか?
この日は、アメリカ政府が独立宣言の最終文言を承認した日。元々この文書は1776年7月2日に提出されましたが、政府は編集や変更をし、最終的に7月4日に完成しました。1776年7月4日という日は文書に含まれているけれど、正式にサインされたのは1776年の8月2日になります。

誰が独立宣言を書いたのでしょうか?

Thomas Jefferson was one of America’s Founding Fathers who wrote the first draft of the Declaration of Independence in June of 1776. He later served as the 3rd president of the United States from 1801 to 1809. He believed in democracy, republicanism, and individual rights. He motivated the first American colonists to break free from Great Britain and form a new nation (The United States). He made many of the first documents and decisions forming the beginning of America.

トーマス・ジェファーソンはアメリカの創始者の一人で、1776月6月に独立宣言の初めの草案を書きました。彼はのちに1801年から1809年の間、3代目のアメリカ大統領を務めました。彼は民主主義、共和主義、個人の人権を信じていました。そしてアメリカの初めの植民地がイギリス(Great Britain)から自由になり、新しいThe United Statesという国家を形成するよう駆り立てました。彼はアメリカを形作る沢山の草案と決断をしました。

どうやって7月4日は祝日になったのでしょう?

The Declaration of Independence wasn’t celebrated much in the beginning. For the first 15-20 years after it was signed, it was still very new and the young nation was too busy with other things. It wasn’t celebrated until about 100 years later, when there was some disagreements among some political parties. Some new parties in the 1820s and 1830s were advocates of Thomas Jefferson’s policies, so in order to publicize their opinions, they printed copies of the Declaration of the Independence with the date July 4th, 1776 listed on each copy. This incident, along with the deaths of Thomas Jefferson and John Adams (another person who signed the Declaration of Independence) on July 4th, 1826, may have helped promote the day as something important to remember.
Congress announced July 4th as a national holiday in 1870.
Since then, July 4th has become the symbol of American patriotism that we celebrate yearly all across America!

始めの頃は、独立宣言はさほど祝われていませんでした。独立宣言にサインがされて15~20年は、アメリカはとても若い国家で、他にやることが山積みでした。いくつかの政党の間で不一致があり、独立宣言はそれから100年ほど経つまで祝われませんでした。1820年から1830年にかけて、新しい政党らがトーマス ジェファーソンの政策を支持し、彼らの意見を公表するために1776年7月4日が記載された独立宣言の全てを印刷しました。この出来事はトーマス ジェファーソンと、ジョン アダムス(独立宣言に署名した他の人物)が1826年7月4日に死んだことを忘れないようにしようと働きかけたかもしれません。
アメリカ合衆国議会は、1870年に7月4日を国民の休日と発表しました。
それからは、7月4日は年に一度にアメリカ全土で祝う、愛国心の象徴となりました!