夏のスイス旅行記

夏のスイス旅行記

こんにちは!新橋校のyumiです!
みなさんヨーロッパ旅行は好きですか?ちなみにどこが一番好きですか?
今回は、ヨーロッパの中でもスイスの旅の思い出をご紹介します!

スイスと言えばハイジ?

スイスと言うと何を思い浮かべますか?
山脈?チーズ?氷河?やはり自然豊かなイメージですよね!
私は行く前は、ハイジというイメージしかありませんでした。そして、いざ行ってみて、まさにハイジの世界!!!!と言わんばかりの光景が広がっていて、期待を超える世界でした。
山岳鉄道から登山列車に乗り換え山を登って行ったのですが、途中ポツンとあった小さな家の周りに山羊がのびのびと暮らしている風景は、まさに!!!クララが立った!!!!のあのハイジの掛け声を思い出させる景色でした。さらに上の方にいくと山脈の絶景が広がっていて、本当に感化されました!

ユングラウヨッホでは高山病に注意?

翌日ユングラウヨッホに行くツアーだったため、ふもとの近くに前泊。
いざ、絶景列車ユングフラウ鉄道にてヨーロッパでもっとも高い鉄道駅ユングフラウヨッホ(3,545 m)へ出発!!!
途中何か所か停車し、ついに終点に到着。さらにエレベーターでスフィンクス展望台に昇れば、西にユングフラウ、東にメンヒ、南にアレッチ氷河と素晴らしい絶景が待っていました!

天気によってけっこう景色が左右されてしまうようですが、この日の天気は最高!!!アルプスの尾根が広がっています!!!ここでたくさん写真を撮りました。
その他に氷で作られた動物のアートなどが楽しめるところがあり、さてそろそろ下山かなと、階段を上っていたときです…

クラッとめまいがしました。貧血のようなめまいだったのでそこまで気にしていなかったのですが、その後すぐ列車に乗りましたが、下山している最中は気持ち悪すぎて、行きのドキドキワクワクは何処へ…
ちなみに、家族でいったのですが、母、姉、私3人でふらふらとしている中、父はひとりピンピンしていました。

その後レストランで絶景を見ながらランチ☆なんて、最高の時間が待っていたのですが、私たちは何も食べられず(ToT)
しかし、ふもとへ到着するとだいぶ体調が回復し、最高の天気の中でまた絶景を楽しめるまでになんとか持ち直しなりました。

もう一度見に行きたい景色!

下山時は苦しいコンディションでしたが、それでももう一度行きたいと思えるところです!気持ち悪くなっても見る価値ありですね!あの時は、一刻も早く下山したい!!!!しか思っていませんでしたが(笑)

みなさん、最高の景色を絶好の体調で見るためには高山病への準備もお忘れなく~!
私も次回はしっかり準備して臨みます( ;∀;)