ミスをした時に使えるスラング

ミスをした時に使えるスラング

Hello, it’s Morgan from Shimbashi here.
Today I am going to teach you some useful slang to use when you have a problem or make a mistake.

こんにちは。新橋校のモーガンです。
今日はなにか問題があった時や、間違いをした時に、役に立つスラングをご紹介します!!!

Mess up / Blunder / A Hiccup

All of these can be used for when you make a mistake, however, they are used to explain different degrees of mistakes.
この三つの言葉は間違いをしたときに使えます。しかし、間違いの度合いで使い分けます。

☆Mess up: used for when you make a big mistake that could have a really bad outcome.
→大きい間違いをして、とても悪い結果になってしまうかもしれない時使います。

Man, I messed up on the exam. I forgot to do the last question on the test.
(テストで失敗しちゃった。最後の問題を解き忘れちゃった。)

☆Blunder: used for when you make a silly/stupid mistake.
→簡単なミスしたとき使います。

I made a blunder and called my boss by the wrong name.
(失敗しちゃって、上司の名前を間違えて呼んでしまった。)

☆Hiccup: used for a very small mistake that sets you back a little.
→少しだけ手間がかかるような小さいミスのとき使う。

There was a small hiccup with the project, so we have to have another meeting next week.
(今度のプロジェクトに小さなミスがあって、来週もミーティングをしないといけない。)

Bombed / Tanked

Both are used for when you do very poorly at something.
どちらも失敗したときによく使いますが、ほとんど若者が使う言葉です。

I only studied an hour for that test. I bombed it for sure.
(テスト勉強を一時間しか勉強してない。絶対失敗したな。)

She looked bored the entire night. I’m pretty sure I tanked that date.
(彼女は昨晩ずっとつまらなそうだった。完全にあのデートは失敗した。)

Hooped

This slang is mainly used in Canada, but it’s still a useful word to know!
この言葉は主にカナダで使われるスラングですが、役に立つと思います。

☆Hooped: It is another way of saying “I’m in big trouble”.
→とても困っているの別の言い方になります。

I was late again for work. If I lose this job, I’m hooped.
(仕事にまた遅刻してしまった。もしこの仕事を失ってしまったら、とても困る。)

いかがでしたか?
これらのスラングを使いこなして、ネイティブのように話しちゃいましょう(^◇^)