英会話教室TOP教室を探す 英会話リンゲージ新橋校 新橋校ブログ英語を話すときにフランス語を使っているかも!

英語を話すときにフランス語を使っているかも!

★ French words you may use in English ★

Hey guys! How are you?
Today, we are going to take a look at some French words we actually use in English.
You may be surprised!

みなさんこんにちは!元気ですか?
今回は、私たちが実際に英語で使っているフランス語をいくつかみていきましょう。
きっと驚くでしょう!

単語中の“~tion”

★ Words in –tion ★

Lots of words, like “Information”, “Attention” or “Competition”, come from French. Words in –tion usually come from Latin, and have several forms in Latin European countries.
“Information”や“Attention”、“Competition”のような多くの単語はフランス語からきているんです。単語中の~tionはラテン語からきており、欧州諸国で様々な形があります。

For example : “Information” in French will be “Informazioni” in Italian.
例えば:フランス語で “Information” は、イタリア語で “Informazioni” になります。

However, in English, we will use the French word (with an English pronunciation of course).
このように、英語で私たちはフランス語(もちろん英語の発音でも)を使っているんです。

食べ物に関係する単語

★ Words related to food ★

It’s not a secret that France is well-known for its “cuisine” (again, a French word), but a lot of words used in food or cooking are actually French. Let’s take a look at a few of these :

フランスは “料理” でよく知られているのはご存知かと思いますが、食べ物や料理で使われている多くの単語は実はフランス語なのです。いくつかみてみましょう。

・Chef : the main cook in a restaurant. It also means boss in French, like a shop manager.
・Omelette : if you love オムライス, you will be delighted to know that the omelette is a French dish. It’s basically beaten eggs cooked in a pan.
・Café : have you ever tried カフェオレ ? Well, “café” is the French name for coffee, and “カフェオレ” means café with milk (milk is “Lait”, pronounced レ, in French).
・A la carte : when you go to the restaurant, you can often chose between 定食 and “A la carte”. “A la carte” means that you can choose anything from the menu. “Menu”, in French, is called “Carte”.

・料理人:レストランで主に料理をする人。フランス語で、店長のような支配人という意味もあります。
・オムレツ:オムライスが好きなら、オムレツがフランス料理だと知って喜ぶでしょう。日本では、基本的に溶き卵を焼きますね。
・カフェ:カフェオレを飲んだことありますか?フランス語でコーヒーを“カフェ”といい、“カフェオレ”はコーヒー(カフェ)とミルクを合わせたものという意味です。(ミルクは“Lait”、フランス語で発音はレです。)
・アラカルト:レストランに行くと、大体は定食と“アラカルト”を選べますよね。“アラカルト”はメニューからなんでも選べるという意味です。“メニュー”はフランス語で“カルト”です。

特定のシチュエーション

★ Specific situations ★

1. Déjà vu☆デジャヴ
There are some other words which we only use for specific situations, like the famous “Déjà vu” for example. Literally, it means “Seen before”, but in English it is used when you have the feeling that what you experience now has already happened in the past. The funny thing is we don’t even use “Déjà vu” in that case in French.

特定の状況の時だけに使う言葉もいくつかあります。例えば有名な“デジャヴ”です。文字通り、“前に見たことがある”という意味ですが、英語では今経験したことが過去に既に起きているというような感情になった時に使われます。おもしろいのは、フランス語ではこのようなときに“デジャヴ”は使わないんです。

2. Souvenir☆スーベニア
When you travel, you may want to bring back “Souvenirs” from your destination. “Souvenir” is a French word that means “memory”. We also use it to talk about items we want to bring back from traveling.

旅行をしている時、旅行先から“お土産”を持って帰りたくなりますよね。“お土産”はフランス語で意味は“記憶”です。旅行から持って帰りたくなる物について話すときにも使います。

3. Chic☆シック
Let’s end on something often used in fashion or in jewelry: “chic”. When something is “chic”, it means it is luxurious and (hopefully) good taste. For instance, a wedding ring with only a small diamond can be considered “chic”: it looks nice and is good taste.

ファッションやジュエリーでも多く使われるもので終わりにしましょう“シック”です。
なにかが“シック”なとき、それは豪華で(おそらく)上品という意味になります。例えば、小さなダイアモンドが一つ付いている結婚指輪は“シック”であると考えられます。:綺麗でセンスがいいという意味です。

英語を話すときにフランス語を使っているかも!