英会話教室TOP教室を探す 英会話リンゲージ新橋校 新橋校ブログAustralian Slang★オーストラリア人のスラング

Australian Slang★オーストラリア人のスラング

Australian Slang★オーストラリア人のスラング

Australian slang can be difficult for even native English speakers to understand.
I’m going to help you speak like an “Aussie” today!

オーストラリアのスラングはネイティブでも理解しにくいときがあります。
今日はみなさんが“オージー”のように話せるようにお助けします!!!

Aussie:オージー

Short for “Australian”,
You will find that many Australians refer to themselves as “Aussies”.
Example: I met an Aussie yesterday.

オーストラリア人のことをオージーと言うのは、
いろんな場面で見かけられますね。
例:昨日オージーに会った。

G’day mate:グッダイ、メイト

A common Australian greeting that literally means,
“good day mate”,where mate is also a term for “friend”.

Example1: “G’day mate”, how was your weekend?
Example2: I saw my mate at the station yesterday. I said a quick g’day, and went to work.

“Good day mate”は一般的なオーストラリアの挨拶の仕方です。
メイトは友達という意味です。
例1:グッダイメイト!先週末はどうだった?
例2:昨日友達を駅で見かけた。さくっと挨拶して、仕事に行ったよ。

Choco Bickie:チョコビッキー

Meaning “chocolate biscuit”
チョコレートビスケットのこと。

Australians love making words shorter than they are by replacing the end of a word with “o”, “a”, or “ie”.
オーストラリアンは言葉を短くして、言葉の最後をo,a,ieに置き換えるのが好き。
たとえば…

Example:
sunglass → sunnies
swimming costume → cozzies
mosquitos → mozzies
university → uni
barbeque(BBQ) → barbie
afternoon → arvo
avocado → avo
service station → servo
cup of tea → cuppa
McDonalds → Maccas

Ripper:リッパー

Used to describe something fantastic, or very good!

Example1: That wave was a ripper!
Example2: The party next week is gonna be a ripper.

何か素晴らしいことや、とってもいい事に使うよ!
例1:あの波は最高だった!
例2:次週のパーティーは最高のものになるさ。

Fair Dinkum:フェア・ディンカム

To be fair or honest. No kidding. To be serious.

Example1: Fair dinkum mate, you need a haircut.
Example2: He’s a real fair dinkum kind of guy.

Phan! That was a lot wasn’t it? I hope you enjoyed it. That’s all for this time.

本当の、真剣に、正直にという意味にあたる。
例1:正直に言うと、君ヘアーカットが必要だね。
例2:彼は正直者だ。

たくさんあったね?みんなが楽しんでくれたらいいな。
今回はここまで(^^)/