海外の温泉事情

海外の温泉事情

こんにちは。新橋校のAkaneです。
今日は海外の温泉事情について紹介します!

海外の温泉文化

海外に温泉のイメージは抱きにくいですが、実はたくさんの有名な温泉地が世界中にあります。日本とは少し違った温泉文化を見ていきましょう。

★水着着用
海外の温泉は、日本の温泉と違い男女共用のことが多いです。その為、水着の着用は絶対です。日本でいう温水プールやスパのようなものです。海外で温泉に行く予定がある際は、忘れないようにしましょう!

★高級リゾート地
日本の温泉は、趣深い風情を味わうのが醍醐味の1つですが、海外の温泉はそういった温泉街のようなものとは少し違います。どちらというと、豪華な温泉プールやマッサージ等のスパがるなど、リゾート地のようなところです。日本とは少し違った温泉の楽しみ方が出来ますね!

有名な温泉地

お次は世界の有名な温泉地をご紹介します!

★バーデン・バーデン【ドイツ】
2000年以上の歴史を持つ古き良き温泉です。「バーデン」とはドイツ語で「入浴」という意味を持ち、古くより保養地として有名です。

★ブルーラグーン【アイスランド】
世界最大の露天温泉です。その広さは、競技用50mプール4個分に匹敵し、一周をするのに10分以上もかかります。実は、この露天風呂は自然湧出ではなく人工的に地下熱水を利用した温泉施設になるのですが、皮膚の治療や美白等などの効果があります。

この他にも、温泉大国とされるハンガリーやイタリア、トルコ、台湾、カナダなど世界中に有名な温泉地があります。

旅行中に疲れたら…

旅行先で疲れがたまったら、温泉地に行ってリフレッシュしてみるのもいいですね!日本とは少し違った温泉文化を楽しんでみて下さい!