旅先で英会話を楽しむには…

旅先で英会話を楽しむには…

こんにちは。新橋校のAsamiです。
リンゲージに通われている生徒様には旅行好きな方が多いと思います。
せっかく英語を習っているのだから、旅先で英語を話すのは英語を上達させる絶好の良い機会です!

しかし旅先の英会話と言っても、ホテルや買い物など話す機会が限られてしまいがちだったりしますよね。
そこで今回、私が旅先で実践した現地人や旅行者たちと英会話を楽しむ方法をお伝えします。

現地発着のツアーに参加してみましょう!

旅先では自分で好きなところをまわるなど、あらかじめ日本からツアーを予約される方も多いと思います。
しかし、大半の観光地ではインフォメーションセンター等に行くと現地発着のツアーを催行しています。日本からツアーを申し込むよりかなり格安で同じ内容の行程をまわれますし、穴場スポットなどを紹介してくれることもあります。

様々な国籍の方が参加するので、ガイドさんやツアー仲間と会話でき仲良くなることができます。またツアー説明は英語なので、ヒアリングの勉強にもなります。

私自身、フィンランド・インドネシア・ルクセンブルク等の国で参加したことがあります。ガイドさんに英語で質問したり、ツアー仲間と自分が行ったオススメのスポットを教えあったりしてたくさん会話できました。

現地のイベントやお祭りに参加しましょう!

イベントやお祭りは現地の方と会話できる大チャンスです!
皆盛り上がって楽しんでいるので、勇気を出してその輪に入ってみると、とてもフレンドリーに会話してくれるはずです。

ドイツではBARのパブリックビューイングで地元のサッカーチームを一緒になって応援したり、オクトーバーフェストでは歌を歌いながら乾杯をしたりしたのは良い思い出です。そこで出会った方とは今でもポストカードやクリスマスプレゼントを送りあう仲です。

ドミトリールームや短期ホームステイを体験!

旅先ではホテル泊が快適ではありますが、ぜひドミトリールームやホームステイにチャレンジしてみて下さい。

ドミトリーとはユースホステルやゲストハウス等で、一部屋に4~10人程が泊まれるベッドがある相部屋の事です。リビングやキッチン、シャワー室、トイレは共有します。
そのためリビングでくつろいだり、キッチンで料理をする機会を作ったりすれば自然と旅行者と会話する場が生まれます。旅好きな宿泊客が多いので、自然と会話も弾むはず!

私がドミトリーに宿泊したときは、同室の子数人とアムステルダム郊外へチーズ祭りや風車を見に行ったり、イタリア人青年が作った本場のパスタを味見させてもらえたりと、たくさんの異文化コミュニケーションを体感できました。

また、旅行中に短期ホームステイをするのもオススメです!
現地の方の暮らしぶりがダイレクトに実感でき、まさに暮らすように旅をする体験が出来ます。
最近ではAirbnbやCouchsurfing等のサイトで簡単にホストを探すことが出来ます。
信頼できるホストを探し出して、ぜひ素敵な現地滞在をしてみて下さい!!

私自身の旅先での短期ホームステイの経験はここでは書ききれないので、また次回詳しくお伝えしますね。お楽しみに♪