スペインの文化について知ろう!

こんにちは。新橋校のAkaneです。
今日はスペインの文化についてご紹介します!

スペインはゆったり時間!?

スペインの生活時間は、日本に比べると非常に遅いです。
例えば、食事の時間はどの食事も日本より2時間程遅くに食べ始めます。
私が最初、スペインに旅行に行った時に19時ごろに食事をとろうとしたら、レストランには全然人がいなくてびっくりしました。20時ごろになると少しずつ人が集まり、夜が更けるにつれて賑やかになっていきました。朝が弱い私にとって、生活時間の遅いスペインはとっても合いました(笑)

また、聞いたことのある人もいると思いますが、スペインには14時から15時ごろにシエスタという時間が設けられています。
この時間はほとんどのお店が閉まってしまうので、もしスペインに旅行する場合は気をつけてくださいね!
直訳では、「昼寝」を意味するシエスタの時間には、もちろん昼寝をしてもいいのですが、多くの人が一度家に帰り、お昼ご飯を食べます。また、女性は夕食の準備などの家事や子供の面倒を見ます。

食事は5回もする!?

スペインでは、朝食・昼食・夕食のほかに2回食事をします。
朝食は比較的軽く食べるのでその後、お腹が空いてしまいます。そんな時は、第二の朝食としてコーヒーやサンドイッチを持参して食べます。そして14時ごろに昼食を取ります。

スペインでは、夕食よりも昼食が大事です。先程も紹介したように一度家に帰り、ガッツリ食べてきます。
そしてシエスタを過ぎた辺りの時間になると、日本で言うおやつのようなものを食べます。
そして最後に夕食です。夕食はバルといった立ち飲み居酒屋のようなところで、タパスをつまみながら食事をとります。

スペインをはじめとして、ヨーロッパでは昼からみんなビールやワインを飲んでいます。中にはスーツ姿の人もいます(笑)
夜もバルで夕食をとることが多いですが、そのままバルをはしごすることが多いです。スペインの夜は長いですね!

スペイン旅行に行くときは、こうした慣習を知っておけばより旅行を楽しめると思います!スペインに限らず、海外旅行に行く際はその国の慣習を少しでも調べていくのが良いですね。

スペインの文化について知ろう!