TOEIC Listening : Part 3

Part 3 is the longest section on the listening test. It spans 13 separate audio listenings over 39 questions – 3 questions per listening. 12 listenings are between 2 speakers, and one listening is between 3 speakers. Keeping all that in mind, let’s talk about the strategy.

パート3はリスニングの中で一番長いセクションです。39個の質問で13個に分かれています。(なので1つリスニングを聞いて3つ質問に答える形です。)
12個は2人の会話から成り、ひとつは3人の会話から構成されています。これらを踏まえながら、今日はリスニング対策について話をしていきます。

3 important things for Part 3! : Conversation Speed

3 important things to remember are:
1. Conversation Speed (Natural flow)
2. Keyword locations
3. Question type strategy

Each listening is about 45 seconds long for 3 questions. The beginning 15 seconds should have keywords that answer question number 1 of 3, the middle 15 seconds should have keywords that answer question 2/3, and the ending 15 second should have keywords that answer question 3/3. The speaker switching should roughly match this structure as well. You should try to divide this time between the two speakers, which are always MAN and WOMAN. Looking at the questions will show you if you need to pay attention to both of the speakers, or only one at a time. For example, in the question “Where does the man most likely work?”, you should be paying close attention to the man’s voice- information said by the woman will probably be distracting or less important. This should give you an idea of natural conversation speed; each person’s speaking turn is a chance for an answer, so every time the speakers switch you should be listening carefully to keywords that may reveal an answer.

ここで重要なのが以下の3つ。
1)スピード
2)キーワードの場所
3)質問のタイプ

それぞれのリスニングは3つの質問に対して45秒です。最初の15秒は1つの質問の答えにキーワードが隠されています。そして真ん中の15秒は2つ目の質問の答えが、最後の15秒に3つ目のキーワードが含まれています。必ずしも順番が同じとは限りませんが、スピーカーはこの15秒単位で変えられることが多いです。
また、ほとんどの場合が男性と女性なります。
リスニングする前に質問をみることで、2人に気を配らなければいけないのか、または一人だけでよいのかがわかると思います。

例えば、“Where does the man most likely work?”(男性はどこで働いていることがよみとれますか?)が質問だとすれば、女性の会話に気を配る必要はないですし、それによって答えを見失ってしまう可能性があるので、男性の声にだけ気を配っておけばいいのです。
話す人が変わるところに質問の答えが隠されていることが多いので、毎度スピーカーが変わるたびにキーワードが述べられているか気を配った方がよいでしょう。

Keywords and Keyword locations

As you can see when you look at the listening test, there is lots and lots of writing. A common mistake made by lower level students is that they force themselves to read every single word because they think it is the only way for them to fully understand the answers. This usually results in wasted time reading answers that will not be spoken which forces your brain to do extra work. Instead you should be looking for “keywords”. Keywords are important words or phrases that will match to something being said in the audio. The most common keywords are nouns: people, places, things, and ideas. For example, in the question “what does the man mention about the facility?”, the word “facility” is a keyword, because it is a noun (a place). Finding the keyword allows me to open my ears to anything related to facilities or places. It’s important to understand that the keyword may not necessarily be repeated directly in the audio, for example reading “facility” and hearing “facility” is not always common, or the answer. Instead you need to understand that “facility” could also mean “hospital” , “school”, “warehouse”, “factory” or any other place where services are provided. These are called “synonyms” – different words with similar meanings, for example ‘vacation’ -> ‘holiday’, ‘sale’ -> ‘discount’. The keywords are commonly located on the right side of the answer sentences, however they can be found in other parts of the answer sentences as well.

リスニングテストを見ていただければわかると思いますが、たくさんの文があります。
初心者の方たちにありがちなミスは、理解をするために一つずつのワードに気を配りすぎて、全ての文を読んでしまうことです。これはあなたの脳を余計に働かせるだけですし、時間の無駄です。
ではどうしたらいいかというと、キーワードを探せばいいのです。キーワードとは答えの手掛かりになる重要な単語やフレーズです。よくあるキーワードは名詞で、人や場所、物やアイディアなどです。

例えば質問が、“what does the man mention about the facility?”(男性はこの施設について何と言ったでしょう)だとしたら、“施設”がキーワードになります。施設は名詞ですよね。
キーワードを見つけることで(ここの場合だと施設)、答えになる手がかり(施設や場所など)をみつけやすくなると思います。ただ、注意していただきたいのが、キーワードだからといって何度も繰り返されるわけではないということです。
例えば、文に“施設”があったとしても、オーディオで“施設”とでてくるわけではないです。ここで施設とは、病院や学校、倉庫、工場、などサービスが与えられるところだということを理解する必要があります。これらは同義語と呼ばれ、違う言葉ですが意味が似ている単語になります。

例えば、バケーションとホリデーや、セールとディスカウントなどです。キーワードは答えの右側らへんに書いてあることが多いですが、他の場所にもあるので注意しましょう。

There are 3 different question types on Part 3: Normal type, Quote type, and Graph type. This is usually divided into 8 normal type listenings, 3 quote types, and 2 graph types. If there 2 quote types then there will be 3 graph types. The two unique question types require slightly different techniques. For a quote question, you will be given a phrase spoken by one of the speakers which you will be asked to comprehend. This question may be question 1, 2, 3, however, it is most commonly found as question 2 or 3. Here are a few things to keep in mind about the quote question: understanding when this question occurs will help you get ready for the quote. For example, if the quote question is number 3, you should be prepared to answer about things spoken in the last 15 seconds of the conversation.
Next, reading the quote and deciding if there is a positive or negative emotion present in the quote. Understanding the positive or negative emotions in the quote will help you understand the overall situation and will direct you to find something specifically good, or specifically bad that the speakers are talking about. The next thing to think about is reference words. If there are words present in the quote such as it, that, these, those, then it is a sign that something said just before the quote is important to the answer. Again, pay close attention the keywords in the answers and try to listen for synonyms in the audio.

パート3には3つの違うタイプの質問があります。普通のタイプと引用タイプとグラフタイプです。こちらはたいてい8つの普通のタイプの質問と、3つの引用タイプの質問と、2つのグラフの質問にわかれます。もし引用タイプの質問が2つしかなければ、グラフの質問が3つになります。それらの2つの質問タイプには少し違ったテクニックが必要になります。

引用タイプの質問には内容を理解するためにスピーカーからフレーズが与えられます。この質問は1、2、3とあるかもしれませんが、しかしほとんどの場合2か3の質問です。引用タイプの質問に関して、覚えておくことがいくつかあります。この質問がいつ起きたかを理解することで、引用箇所に対して準備がしやすくなります。例えば、引用タイプの質問がナンバー3だったとしたら、会話の最後の15秒には話されることに関して答えるように準備して下さい。
次に引用部分を読んで、そこがポジティブかネガティブの感情表現であるかを決めてください。そこを理解することによって、全体の状況を理解することが出来、さらに話していることの特に悪い点、あるいは特に良い点を見つけることに繋がります。

次に考えることは関連する語句です。引用部分にthat, these, thoseなどの語句があったら、ちょうどその引用箇所の前に言っていたことが答える際に大事であると示しています。また、答えの中のキーワードによく注意して、音声中の同義語を聞き取るようにしてみてください。

TOEIC Listening : Part 3