日本とフランスの文化の違い

Hey guys ! Lucas here.
One of the most interesting aspects of traveling or living abroad is culture, but it can change dramatically from one country to the other. For today, let’s take a look at some of the things we do differently in France and Japan.

皆さんこんにちは、新橋校インストラクターのルーカスです。
海外を旅したり、海外に住んだりする中で面白い一面が文化の違いです。それは、他国の文化って劇的に違ったりしますよね。ということで、本日は、フランスと日本との間で違うことについてお話したいと思います。

‘敬語’と他人を尊敬する方法

When working in Japan, Keigo is probably one of the most difficult things to integrate : different words, levels of politeness and ways to behave. While very common in Japan, this only partially exists in France. For example, you talk to your boss or to customers using “vous” (plural form of “you”), because it’s more polite when you address someone you don’t know or that is your superior. Still, some companies nowadays allow to use “tu” (singular form of “you”), which is used to usually talk to family and friends, to talk to your boss, or even customers. You just have to ask if they don’t mind.
The language also doesn’t change too much, and we use the same verbs to make sentences. Respect is more shown through the tone you use when you speak.
Also, believe it or not, but you can argue with your boss and still have your job, so long as you argue respectfully. Constructive criticism is welcome in most companies.

日本で働くとき、敬語は理解し使うことが一番難しいことかもしれません。違う言葉、丁寧さを表すときにもいろんな方法がありますよね。日本でとても普通のことですが、フランスには一部しかありません。例えば、フランスでは上司やお客様に話しかける時、‘vous’という言葉を使います。なぜなら、これは知らない人に話しかける時や目上の人に対するより丁寧な言い方だからです。最近の会社の中には、‘tu’という言葉を使うことが許されているところもあります。これは、普段私たちが家族や友達に話すときに使う言葉と同じものです。どちらを使ったらいいかはその方に聞いてみればOKです。
言語というものはそれほど変化しないものです。そして文を作る時、同じ動詞を使います。尊敬する為には話すときのトーンを変えることで伝わります。
そしてそれを信じるにしろ、しないにしろ、上司に尊敬の念を持ちつつ、意見を言うことはできます。きちんとした意見はほとんどの会社で受け入れられるものです。

レストランで

In most restaurants in Japan, customers don’t have much contact with the waiters. If anything, they simply bring the menu and take orders. In France, waiters can also introduce themselves, because they will wait on you all night. Most the time, they also provide a description of the menu, wines and dishes of the day. It is very common in France to have waiters with a very good knowledge of wine and food.
Also, keep in mind that while tipping in Japan can be seen as an insult, in France it is more than recommended to tip if you had a great dinner and service. The better the service, the bigger the tip usually. Most the time, a good tip would be between 10 to 15 euros.

日本のほとんどのレストランでは、ウェイターさんとほとんどコンタクトを取りません。むしろ、単純にメニューをもってきて、オーダーを取ります。フランスでは、ウェイターさんは自己紹介をします。一晩関わることになるからです。ほとんどの時間、メニューの説明をしたり、本日の料理やワインの説明をします。ウェイターさんが料理やワインについての知識が豊富なことは、フランスではとても一般的なことです。
そして覚えてほしいことは、日本でチップをあげることは逆に侮辱として見られますが、フランスでは良いディナー、サービスを受けた時、チップをすることをおすすめします。より良いサービスを受けたらチップも高めに渡すのが良いでしょう。ほとんどの場合、チップは10から15ユーロくらいになるでしょう。

宗教と寺、教会

Historically, Japan has been a Buddhist country, and still is to this day. Lots of people still go to temples and pray, or practice ceremonies either in temples or at home. This is a very traditional aspect that Japanese people managed to keep in their culture, with lots of altars and small temples around.
Most churches in France are far from crowded, even on Sunday, when masses are held. Aside from small cities and villages, people don’t really go to church or pray anymore. One of the things people keep doing sometimes, though, is lighting up candles in churches to remember the dead.
As for ceremonies or religious holidays, bigger cities don’t really practice these anymore. You can witness some of these in smaller places, like Aix-En-Provence, in the South East of France.
Always remember that if you go visit a church, silence is appreciated. Most people don’t speak or whisper in churches, and take pictures discretely. Also, you can use holy water as you enter a church, provided in a sort of big basket at the entrance. Simply dip your fingers inside, then do the cross sign this way : up, down, right and left.

歴史的に日本は今日でも仏教国です。沢山の人がお寺にお参りにいったり、家やお寺で式を行ったりします。これは日本人が文化を守るための、伝統的な行いだと思います。
フランスの教会では日曜日でさえ、ミサが開かれていても、それほど混んでいるということはありません。小さな街や村を除いて、人々はもはやそれほど協会へ行ったり、お祈りをしたりといことはしません。今でも継続的に行っているのは、人の死を忘れないように教会でキャンドルを灯すことです。
式や宗教的な休日はどうかと言うと、大きな都市は近年行いません。フランスの南東にある、エクスアン・プロバンスなどの小さな街では見かけるかもしれませんね。
覚えておいてほしいことは、もし教会を訪れる時は、お静かに願います。ほとんどの人は、教会でささやくように話し、あまり写真を撮りません。そして、教会に入るときは、入口においてあるバスケットから神聖な水をもらいます。そして、それを指につけ、上、下、右、左、とお祈りをします。

今日は日本とフランスの文化の違いをお届けしました。また次回のブログもお楽しみに!!

日本とフランスの文化の違い