英会話教室TOP教室を探す 英会話リンゲージ新橋校 新橋校ブログちょっと変わった英語の学習法-洋書を読む-

ちょっと変わった英語の学習法-洋書を読む-

こんにちは。新橋校のAkaneです。
今日は、少し変わった勉強法の一つとして村上春樹さんの洋書を読むのをお勧めしたいと思います!

HARUKI MURAKAMI

皆さんは、村上春樹さんの小説を読んだことがありますか?とても有名で人気な作家なので、多くの人が一度は彼の作品を手に取ったことがあると思います。つい最近も新作が発売され、世間をにぎわせましたね。

そんな村上春樹さんの作品は、世界でも大変人気があり、英語をはじめとして多くの言語に翻訳されています。ここでは、この英語に翻訳された村上春樹さんの作品を読むというのを英語の勉強法の一つとしてご紹介します。

実は、私は学生時代に翻訳の授業を取っていたことがあり、その授業で村上春樹さんの『ノルウェイの森」を扱ったことがあります。自分の訳した作品と実際に村上春樹さんが書いた原文を比べるのはとても面白かったのを非常に覚えています。

Let’s try!

初めは、日本語で作品を読んでから次に英語で作品を読む、というのが入りやすいと思います。村上春樹さんの作品は、もともとが少し英語の直訳のような文体なので、洋書はさらに読みやすいと思います。

自分が今まで読んだことのある作品やお気に入りの作品があれば、ぜひその作品の洋書を手に取ってみてください。
何を読んだらいいか分からない!という方は、『1Q84』、『Kafka on the Shore』 (海辺のカフカ)などの作品をお勧めします♪

In addition…

実は、村上春樹さんは作家としてだけではなく、翻訳家としても非常に有名です。彼が翻訳した作品はたくさんあるので、その翻訳された作品を読んでみるのも面白いと思います!

海外の作品は、一つの作品を何人かの翻訳家が訳していることがあります。なので、そういった作品を読んで翻訳の違いを見てみるのも良いかもしれませんね!

新しいことをやってみたい!今の勉強法に飽きてきた!読書が好き!
そんな人はぜひ村上春樹さんの洋書を読んでみてください♪

ちょっと変わった英語の学習法-洋書を読む-