British Englishが好きな方へ パート2

British Englishが好きな方へ パート2

こんにちは。新橋校のSatokoです。
リンゲージの生徒さんにはイギリス英語が好き、という方もいます。
今日はイギリスっぽさを感じるお気に入りの映画をご紹介します。

「CASH BACK(邦題:FROZEN TIME)」

「CASH BACK」は2006年公開のイギリスの映画。
一流のファッション雑誌のフォトグラファーとして活躍していたSean Ellisが監督で、まるでファッション写真が動き出したかのような美しい映像で見せるラブストーリーです。

失恋のショックで不眠症になったLondonのArt studentのBenは、時間とお金のtrade ‘’cash back’’として深夜に地元の大手スーパーsainsbury’sでアルバイトを始めます。
同僚たちは、深夜の8 hours shiftの退屈な時間をしのぐための”art”をそれぞれ持っています。
深夜のスーパーで、主人公Benの“art”(退屈しのぎ)が幻想的に大胆に膨らんでいって・・・。

主人公の働くsainsbury’s ですが、わたしもイギリスにいるときはよく利用していました。
よくある庶民的なスーパーです。ちなみにスーパーマーケットのレジ係はイギリスでは大学生がよくするアルバイトです。
男性のレジ係も多いですよ。彼らは椅子に座りながら流れてくる商品をスキャンする(そんなに急いでやらない)ので、日本のレジとは全然違いますね。

映画のストーリーの構成は難しくないですが、登場人物のキャラクターが特徴的だったり、映像が美しいので、他の映画にはないdreamyな気分になれるように思います。

spiceの効いたラブストーリーが好きな方へお勧めします。
みなさんも楽しく英語を勉強してみましょう★