和美さん

外国人のかたにも
安心して健康診断を
受けてもらうために

渋谷校│グループレッスン

和美さん

34歳/看護師
趣味:テレビを観ること

ひたすら歩いて外国人のかたへ道案内したことも

学生時代は英語が大の苦手。英語の授業も寝ていることが多かったし、成績もひどいものでした(笑)。「日本にいるから必要ない」「海外に行く予定もない」なんて開き直っていたくらいです。初めて英語を話せるようになりたいと思ったのは、街中で外国人のかたに道を尋ねられたとき。たまたま訪れた町で「○○公園はどこ?」と英語で聞かれ、質問された内容は何とかわかるし、その公園の場所も知っていたのですが、英語での説明がまったくできず……。かろうじて「Please follow me.」とひと言だけで、ひたすら歩いて案内したこともありました。その出来事をきっかけに、ある英会話スクールも通い始めたのですが、そのスクールは先生が熱心とはいえず、私のやる気もキープできず、けっきょく辞めてしまい、それ以来英語を学びたいという気持ちはなくなっていました。

インタビュー1

リンゲージスタッフの“神対応”で入学を即決!

ところが1年ほど前から、外国人のかたがよく来る病院に勤めることになり、また「英語をしゃべるようになりたい」という気持ちがむくむくと出てきました。当時はその職場に英語が得意なスタッフがいて、海外のかたが来院するとそのスタッフが案内することになっていたんです。ただ、そのスタッフが辞めることになり、私に案内役が回ってきそうで「これはまずい……」とピンチでもあったんです(笑)。
実はちょうどそのときに主人も同じように、仕事で英語を使う機会がでてきたそう。二人で仕事終わりに通える英会話スクールをいくつか探して、まず訪れたのがリンゲージでした。そのときに相談したスタッフのかたが、とても親切できめ細かく対応してくれたんです。印象がとてもよくて、「リンゲージに決めよう!」と主人とすぐに入学を決めちゃいました。
私が受けているグループレッスンは、かなりリラックスした雰囲気で、英語を口にしやすいですね。「たぶん間違っているんだろうな」と思いつつ(笑)、英語のフレーズを言ってみると、先生がやんわりと直してくれるのがありがたいです。レッスン中にグループ全員で大爆笑することもある一方で、先生のノートをちらっと見たら手書きの文字がびっしりと書かれていたこともありました。先生たちの熱意が私のやる気を後押ししてくれています!

インタビュー2

目をそらさず、自然に「Please!」が出てきた!

いまリンゲージに通い始めて約3ヵ月ですが、英語が少しずつ身についた実感があります。街中で外国人のかたの英会話を聞くと、以前は何を言っているかわからなかったのが、今ではどんなことを話題にしているのか理解できるし、海外の映画を見ていてもリスニングした英語と字幕のちがいを理解できることもあるんです。この前、カフェで席が足りず困っている外国人がいたとき、自然と「Please!」と声をかけて席をゆずることができました。単語だけなのでパーフェクトな英会話ではないと思いますが、私としては大きな進歩です! 昔でしたら、目をそらしていましたから(笑)。
ゆくゆくは現在の職場で外国人のかたを単語だけでなく英会話でスムーズに案内できるようになりたいですね。「次の検査は○○を計測するものですよ」「採血するので腕を出してください」などの説明が流ちょうにできるのが目標です。看護師という仕事は医師と受診者の橋渡し役。医師の先生に言いづらいことがあっても、看護師なら話しやすいという受診者のかたは多くいます。だからこそ、スムーズな英会話を身につけて、海外のかたでも安心して受診できるように頑張りたいですね。

インタビュー3

10年後の自分へのメッセージ

メッセージ

スクールに通うひそかな楽しみ

カフェでのコーヒータイム

主人もリンゲージ渋谷校でレッスンを受けていて、家に帰る前にスクール周辺のカフェに寄るのがお決まりのコース。コーヒーを1杯飲みながら、おたがいにどんなレッスンだったかを報告するのが楽しいですね。

カフェでのコーヒータイム
不安が解決したらまずは体験レッスンへ♪