NEOかわいい誕生のルーツ

─4人にとって、大きな力を持つという音楽。その音楽で結びついた4人が個性を解き放ち、メッセージを凝縮した楽曲はまさにアート。4人にとって、アーティストとは、どんなものでしょうか?

CHAI人に何かを発信する人!普通じゃない人!自己満足じゃなく、ヒトを変えるチカラを持っている人、かな。

─まさしくCHAIそのものですね。「コンプレックスは武器」というメッセージは、モヤモヤしている多くの日本人のハートに響きそうだし、「そのままがかわいい」って、いまどきの女子が耳をかっぽじって聞いた方がいいメッセージだと思います。いわゆるビジュアル系バンドが言っていたら説得力はないけど、さすがは“NEOかわいい”オンナバンド。ズンと来ます。

マナ学生時代はホントに可愛いって言われてこなかったんだよ、ずっと。だもんで自分のかわいくないって思うところを鏡に向って毎日「かわいい」って言い続けるの。そうすると言われ込んだようにそれで自然に自信が持てるようになる。4人でも普段から褒め合ってるよ。

ユウキ4人はみんななにか足りてない。わたしはやけに首が長い(笑)でも、人と違うのがコンプレックス。人には普通じゃないものが何かしら一個はある。それは個性。

ユナわたしは鼻が大きいし、最近は頭、手足の末端が大きいって気付いたんだよね~(笑)

マナしかもその手足の先端は山登りしているおばあちゃんみたいにゴツくて、そこだけ年齢がいってるよね(笑)

ユウキでも、わたしは首が長いおかげで、あごもないつくりだから、顔が小さく見える。

カナわたしとマナは平安時代にモテる顔。いまはモテない顔らしい。でも、自分でかわいいと思い始めたからもういい。受け入れた。日本人顔で。アジアンビューティー。外人にモテる!

マナわたしは中途半端にぽっちゃりでいつまでも痩せない。日本のバンドのボーカルって大体痩せてキレイになっとる。だけどわたしはそんなに言うほどかわいくないから、そこが一番コンプレックス。逆に言うと、そういうボーカルがいないから目立てる。ライバルがいない。全体のキャラとしてカワイイと表現できれば勝ちかなって思ってる。顔じゃなくてトータルで雰囲気も含めて。だからどんどん食べる。1日四食の日もあるし、深夜でも食べる(笑)

ユウキ飾らないでありのままの自分を認めること。かわいくない人なんていない!みんなNEOかわいい!

マナみんなおんなじかわいいなんてないんやから、そこを目指す必要はないんだよ。誰にだって個性がある。それを受け入れれば武器になる。毎日自分を褒めていればポジティブになる。

0818下北沢ワンマンライブ4
8/18 下北沢Basement Barにて行われた初のワンマンライブの写真 by 中磯ヨシオ

ジャンルにとらわれないことをドンドンやっていきたい

―フルアルバムもリリースされ、いよいよ大きな飛躍への階段に足をかけました。いい意味で型に収まらず、ここまで奔放に躍動してきた印象ですが、CHAIはこれからどう深化していくのでしょうか?

マナこのままではダメ。「こういうバンドだね」ってイメージを着けたくないかな。ジャンルに捉われないことをどんどんやっていきたいよね。

ユウキロックだからロック、じゃなく、その時好きなものを全部やりたい。たくさんのジャンルが好きだからわざわざ絞る必要ないし。

―なんだか勝手に勇気とパワーをたっぷりいただきました。ありがとうございました。最後にひとりずつ、ファンへ向けてのメッセージをお願いします。

ユウキみんなかわいいよ!

ユナ「PINK」をたくさん聴いてライブに会いに来てね。会いたいなぁ。自信持って鏡に「かわいい」って言おうね!

マナみんなそのままがかわいいから自信持って。かっこいいし、かわいい。かわいくない人なんていない。ホントにそう。絶対、どっかかわいい。

カナCHAIは味方だよ!

【編集後記】

「そのままでいいんだよ」。CHAIの言葉からは常にそんなメッセージがにじむ。体型や顔のコンプレックスを個性と言い放つ4人は、言っていることはスパイシーなのに話していると癒される。これって母親のようだけど、決してそんな存在じゃない。楽曲もそう。古いようだけど新しい。新しいけど懐かしい。バンドとしてもそう、過去にいたようだけどやっぱりいない。結論。CHAIは、個性の塊だ。見た目と実力のギャップ。それでいて言行一致。計算していたとしてもE難度のパフォーマンスをサラリとこなす4人組のポテンシャルは末恐ろしい…。本気でグラミー賞を狙う4人の思考は、すでにジャパニーズレベルを超え、ワールドクラス。それだけに、壮大なハズの野望が決して、絵空事に聞こえない。

CHAIが語るリンゲージ

学生時代は英語が苦手だったと口を揃える4人にとって、英語はいまのところコンプレックス。とはいえ、世界を見据える以上、必要不可欠との認識は強い。
自己暗示でコンプレックスを克服してきた4人は「英語が話せるようになる」と言い聞かせながら、多忙なスケジュールを調整し、受講。ユウキは「会話中心で勉強って感じがしなくて楽しい。先生もいい人ばかりでこれなら話せるようになりそう」と印象を語る。他の3人も「スゴイ行きやすい」、「いい感じ」、「キレイ」、「居心地いい」など褒め上手のCHAIは、リンゲージを絶賛してくれた。

PROFILE

CHAI

CHAI(ちゃい)

ミラクル双子のマナ・カナに、ユウキとユナの男前な最強のリズム隊で編成された4人組、『NEO - ニュー・エキサイト・オンナバンド』、それがCHAI。
誰もがやりたかった音楽を全く無自覚にやってしまった感満載という非常にタチの悪いバンドで、2016年の春以降、突然いろんな人が「CHAIヤバい」と韻を踏みながら口にし始め、ある日突然ノンプロモーションなのにSpotify UKチャートTOP50に代表曲『ぎゃらんぶー』が突如ランクイン! (※最高位36位)
2017年SXSW出演と初の全米8都市ツアーも大成功におさめ、CHAIのヤバさがすべて詰め込まれた2nd EP「ほめごろシリーズ」をリリースするとiTunes AlternativeランキングでTOP10にランクイン。
10/25には初のフルアルバム「PINK」をリリースし、11月からは東名阪ワンマンを含む8都市のツアーも敢行!
その常軌を逸したライブパフォーマンスを観てしまった全バンドマンがアホらしくなってバンド解散ブームすら起こりかねないほど、彼女たちに触れた君の2017年度衝撃値ナンバーワンは間違いなく『NEOかわいいバンド』、CHAIだよ!

マナ

マナ(Vo.&Key.)

得意な科目:体育、音楽
英語の担当:話す担当
英会話の学習方法:ライブMCで英語を話す
リンゲージの印象:「授業が学校っぽくなくて楽しい」
CHAIにとって音楽とは:「私たちを表現できる、解放できる場所」

カナ

カナ(Vo.&Gt.)

得意な科目:音楽
英語の担当:話す担当
英会話の学習方法:洋楽の真似をする
リンゲージの印象:「講師がみんな面白くて個性的」
CHAIにとって音楽とは:「一番楽しいし、一番興奮するもの」

ユウキ

ユウキ(Ba.&Cho.)

得意な科目:美術、国語
英語の担当:聞く担当
英会話の学習方法:洋楽をたくさん聞く
リンゲージの印象:「講師がみんな可愛い」
CHAIにとって音楽とは:「解放」

ユナ

ユナ(Dr.&Cho.)

得意な科目:書道
英語の担当:聞く担当
勉強方法:洋楽をたくさん聞く
リンゲージの印象:「清潔感あってキレイだしすごく居心地がいい」
CHAIにとって音楽とは:「表現できる唯一のもの」

PAGE TOP